[インタビュー]

「より多くの日本企業にベアメタルIaaSのメリットを届けたい」―IBM SoftLayerエバンジェリスト

東京データセンターの開設で、日本のユーザーとの距離を縮める

2015年3月16日(月)河原 潤(IT Leaders編集委員/データセンター完全ガイド編集長)

仮想マシンだけでなくベアメタルサーバーもアズ・ア・サービスで使えるのが特徴のSoftLayer。2005年の設立以来、ゲーム/エンタテインメント、HPC業界を中心に認知度を高めてきた同サービスだが、2013年7月にIBMの傘下に入ってからは、製造や金融などのエンタープライズユーザーからも注目を集めるようになった。先ごろ来日した米IBM SoftLayerリード・テクニカル・エバンジェリストのフィル・ジャクソン(Philip Jackson)氏に戦略や課題、新設された東京データセンターの特徴などを尋ねた。

競合IaaSに対するSoftLayerのアドバンテージ

――IBMのSoftLayerエバンジェリストに就くまでの主な経歴を教えてほしい。

米IBM SoftLayer リード・テクニカル・エバンジェリストのフィル・ジャクソン(Philp Jackson)氏

 インターネットには子供の頃から親しんでいて、特にオンラインゲームに熱中した。社会に出てからはホームセンターチェーンに就職して、フォークリフトのオペレーターをやっていた(笑)。10年ほど前に、EV1 Serversブランドで知られるプラネット(The Planet Internet Services)に入社し、2010年にソフトレイヤー(SoftLayer Technology)がプラネットを買収。そして2013年にはIBMがソフトレイヤーを傘下に収めて、今ここにいる。

――SoftLayerは現在、グローバルでどのぐらいのユーザー規模なのか。

 約2万3000から2万4000社の顧客企業にSoftLayerを使ってもらっている。ユーザーの数となるともっと多いだろう。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】「顧客がクラウドでやりたいのにできないこと」を解決する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
関連キーワード

IBM / SoftLayer / IaaS

関連記事

Special

-PR-

「より多くの日本企業にベアメタルIaaSのメリットを届けたい」―IBM SoftLayerエバンジェリスト仮想マシンだけでなくベアメタルサーバーもアズ・ア・サービスで使えるのが特徴のSoftLayer。2005年の設立以来、ゲーム/エンタテインメント、HPC業界を中心に認知度を高めてきた同サービスだが、2013年7月にIBMの傘下に入ってからは、製造や金融などのエンタープライズユーザーからも注目を集めるようになった。先ごろ来日した米IBM SoftLayerリード・テクニカル・エバンジェリストのフィル・ジャクソン(Philip Jackson)氏に戦略や課題、新設された東京データセンターの特徴などを尋ねた。

PAGE TOP