[新製品・サービス]

アビーム、複数のクラウドに業種・業務ノウハウを組み合わせSaaS型サービスとして提供

2015年3月16日(月)IT Leaders編集部

アビームコンサルティングは2015年3月13日、種々の業種・業務に対応したSaaS(Software as a Service)型サービス「ABeam Cloud」の提供を開始すると発表した。複数社が提供するクラウドサービスなどを基盤に、アビームが持つノウハウを組み合わせて提供する。保守・運用サービス込みで、従量型の月額課金形態で利用できる。

 ABeam Cloudは、国内外のクラウドサービスを基盤に、アビームが持つテンプレートや業務アプリケーション群を運用することで実現するSaaS(Software as a Service)。アプリケーションやソフトウェアライセンスの確保、クラウドプラットフォームのインテグレーションをアビームが一括して請け負う。

 業種別テンプレートには、「ABeam Cloud Trading Solution」と「アビーム不動産管理ソリューション(ACRES)」がある。ABeam Cloud Trading Solutionは三井情報が商社/卸/メーカー販売会社向けに提供する基幹システムテンプレート「MKI Trade Suite」に、ACRESは独SAPの「SAP ERP」をベースに、アビームの知見や業種・業務ノウハウを組み込んでいる。

 機能別テンプレートとしては、倉庫管理、顧客/料金管理、需給改革、CMS(資金管理)、間接費管理を用意する。倉庫管理では、運営効率が高まるように人員/コストを管理する「WFM(Workforce Management)クラウドサービス」を、顧客/料金管理では、マルチテナント型の顧客/料金管理ソリューション「Infonova R6」を日本語化した「顧客・料金管理ソリューション」を提供する。

 受給改革では、在庫/廃棄ロスの削減や需給業務の標準化/省力化を支援する「需給クラウドサービス」を、CMSでは、グループ資金の一元管理による財務体質の改善と資金管理業務の標準化を支援する「CMSクラウドサービス」を、間接費管理では、間接費の最適化を図る「間接費管理」をそれぞれ用意する。

 利用するクラウド基盤については、AWS(Amazon Web Services)、Microsoft Azure、IIJ GIOサービスなどから、利用企業に適したものを選択し提案する。アップグレードや運用保守の負荷軽減、デバイスマネジメント、監視、テストなど、システムを安定的かつ効率的に稼動させるための各種ツールをアビームが用意する。

 アビームは初年度にABeam Cloudを20社に導入したいとしている。

関連記事

アビーム、複数のクラウドに業種・業務ノウハウを組み合わせSaaS型サービスとして提供アビームコンサルティングは2015年3月13日、種々の業種・業務に対応したSaaS(Software as a Service)型サービス「ABeam Cloud」の提供を開始すると発表した。複数社が提供するクラウドサービスなどを基盤に、アビームが持つノウハウを組み合わせて提供する。保守・運用サービス込みで、従量型の月額課金形態で利用できる。

PAGE TOP