[市場動向]

早大、菊池製作所との共同研究開発による災害対応ロボット「Octopus」を披露

2015年3月17日(火)IT Leaders編集部

早稲田大学次世代ロボット研究機構は2015年3月13日、菊池製作所との共同研究で、小型無人作業ロボット「Octopus(オクトパス)」を開発し、原発事故避難指示区域にある菊池製作所南相馬工場(福島県南相馬市小高区)で披露した。4本の腕と4輪(台座部分除く)のクローラで動作し、複雑な地形をした場所や狭い災害現場などで人命救助・瓦礫除去等での活躍が期待されている。

 Octopusの名称は、8本の手足を駆使するタコから連想して名づけられた。サイズは高さ1.7m、重さ700kgで、岩石切断用のファイバーレーザーや、瓦礫や廃棄物等をつかむグラップルなどを装備可能。早大によると、地震、津波、噴火等の災害現場で崩壊した建物から人を救うことや、原子力発電所の廃炉作業等、幅広い用途を想定して開発されたという。

2本の腕とクローラを駆使して段差を乗り越えるOctopus(出典:早稲田大学)

 従来、この種のロボットは大規模作業向けで、平坦地での単一作業が中心だった。Octopusは4輪のクローラを駆使して狭くて段差が複雑な瓦礫の山を移動、油圧ポンプ出力で4本の腕を同時に使い、瓦礫分別処理や消火作業、倒木除去など、複雑な作業も行える。また、大きな段差を乗り越えるときは後ろ2本の腕で体を支えながら、クローラと前2本の腕を使ってよじ登るほか、腕1本当たり200kgまでの重さのものを持ち上げられる。

 4本の腕を同時に動かすことができるロボットは世界的にも珍しい。Octopusは、現時点では2人のオペレーターによって遠隔操縦する仕組みだが、早大によると、将来的には1人で操縦できるようになるという。披露会でプレゼンテーションを行った同大教授・次世代ロボット研究機構機構長の藤江正克氏は、「菊池製作所の南相馬工場には機構の研究室分室を設ける予定。ロボットで災害や超高齢社会の課題を打破し、福島県の新しい産業基盤の創出に貢献したい」と意気込みを語った。

関連キーワード

早稲田大学 / 菊池製作所 / ロボット

関連記事

早大、菊池製作所との共同研究開発による災害対応ロボット「Octopus」を披露早稲田大学次世代ロボット研究機構は2015年3月13日、菊池製作所との共同研究で、小型無人作業ロボット「Octopus(オクトパス)」を開発し、原発事故避難指示区域にある菊池製作所南相馬工場(福島県南相馬市小高区)で披露した。4本の腕と4輪(台座部分除く)のクローラで動作し、複雑な地形をした場所や狭い災害現場などで人命救助・瓦礫除去等での活躍が期待されている。

PAGE TOP