CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[Gartner's Voice]

クラウドアプリの“スパゲティ化”を防止せよ、鍵はSoftware Defined Architecture

2015年3月24日(火)田口 潤(IT Leaders編集部)

「SDA(Software Defined Architecture:ソフトウェアデファインド・アーキテクチャー)」--。デジタルビジネス時代の企業情報システムが参照するべきアーキテクチャーを米有力調査会社のガートナーは、こう呼ぶ。SDAは単なるキャッチフレーズではない。CIOを含めたITリーダーにとって理解しておくべき必然性が高い。

 企業情報システムの大半は、既に存在する業務の合理化や効率化を目的として構築・運用されてきた。紙に記録していた情報をデータ化して伝達したり、一括処理したりすることが主体である。

 これに対し今後は、新しいIT技術を駆使し、まだ存在していないサービスや機能を創造していくことが求められる。Webやモバイルを生かした斬新な顧客サービス、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)によるモノのデジタル化などが、その例だ。

 従来の取り組みを総称して「Systems of Record(SoR:定型処理や記録のためのシステム群)」、新しい取り組みは「Systems of Engagement(SoE:関与のためのシステム群)」と呼ばれる(図1)。これを米ガートナーは、「bimodal IT(バイモーダル=2つの流儀のIT)」と表現する(関連記事)。

図1:SoR(Systems of Record)とSoE(Systems of Engagement)図1:SoR(Systems of Record)とSoE(Systems of Engagement)
拡大画像表示

 SoRでは、確実性や完全性が求められる一方で計画停止などが許される。SoEでは、拡張性や改変容易性、24時間365日の稼働が求められる。システム特性が異なる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】アーキテクチャーでスパゲッティ状態を回避する
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
Gartner's Voice一覧へ
関連記事

クラウドアプリの“スパゲティ化”を防止せよ、鍵はSoftware Defined Architecture「SDA(Software Defined Architecture:ソフトウェアデファインド・アーキテクチャー)」--。デジタルビジネス時代の企業情報システムが参照するべきアーキテクチャーを米有力調査会社のガートナーは、こう呼ぶ。SDAは単なるキャッチフレーズではない。CIOを含めたITリーダーにとって理解しておくべき必然性が高い。

PAGE TOP