[新製品・サービス]

NTT ComとSOINN、AI使いIoTビッグデータを分析するためのクラウド基盤を開発

2015年4月1日(水)IT Leaders編集部

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)とSOINNは2015年3月31日、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)関連機器から収集したビッグデータを分析するためのクラウド基盤「CLARA with SOINN」(仮称)を開発したと発表した。AI(Artificial Intelligence:人工知能)技術を使って、大量データからノイズを取り除き、法則性や因果関係を発見できるのが特徴である。

 CLARA(CLoud based AI for Recognition and Analysis) with SOINN(仮称)は、センサーデータなどIoT(Internet of Things:モノのインターネット)のビッグデータを分析するための基盤。NTT ComのクラウドでAPI(Application Programming Interface)として提供する予定だ。

 IoTでは、不要な情報や異常値といったノイズがデータに継続的に発生する可能性がある。これらを取り除くために、AI(Artificial Intelligence:人工知能)技術の「SOINN(Self-Organizing Incremental Neural Network:自己増殖型ニューラルネットワーク)」を利用する。

 SOINNは、東京工業大学の長谷川修研究室が開発した汎用型のAI技術で、自律的に学習できるのが特徴で、継続的に送られるIoTデータに適用することで、ノイズを適切に取り除きながら、関係性などを見いだす。

 例えば、高精度な屋内測位に応用できる。Wi-Fi親機やBLE(Bluetooth Low Energy)送信機から送信される電波強度に基づき、スマートフォンなどの屋内での位置を割り出す際に、電波強度の情報からノイズを自動的に除去しながら、電波強度と位置の関係性を自動的に学習し発見する。

 NTT ComとSOINNは、この仕組みを使った実証実験では、測位誤差を平均1メートル程度に抑えられたとする。店舗内利用者の位置情報を活用するO2O(Online to Offline)ビジネスや観光者向けのナビゲーションサービスなどに応用できると考えている。

 今後は、多様なIoT端末から収集されたセンサーデータや、映像/画像データ、端末ログなどに対象範囲を広げて技術開発を進める。サービスとしての適用範囲も、ビルでの消費電力の最適化や、インフラ設備の機器故障の予測、工場での不良品の自動検知といった領域へ広げたい考えだ。

関連記事

NTT ComとSOINN、AI使いIoTビッグデータを分析するためのクラウド基盤を開発NTTコミュニケーションズ(NTT Com)とSOINNは2015年3月31日、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)関連機器から収集したビッグデータを分析するためのクラウド基盤「CLARA with SOINN」(仮称)を開発したと発表した。AI(Artificial Intelligence:人工知能)技術を使って、大量データからノイズを取り除き、法則性や因果関係を発見できるのが特徴である。

PAGE TOP