[新製品・サービス]

NSSOL、製造業の設計/開発業務におけるITアウトソーシングサービスを開始

2015年4月3日(金)IT Leaders編集部

新日鉄住金ソリューションズ(NSSOL)は2015年4月2日、製造業が設計/開発業務で利用するITシステムを対象にしたアウトソーシングサービスを開始すると発表した。CAD(Computer Aided Design)/CAE(Computer Aided Engineering)やPLM(Product Lifecycle Management:製品情報管理)などを含むシステム全体を対象に包括的なサービスを提供する。

 アウトソーシングサービスは大きくシステム管理と日常業務支援とに分かれる。管理面では、システム全体の企画立案や、システム保守計画の策定、設計/開発業務プロセスの改善を支援する。システムの改善に必要なバージョンアップやアドオンアプリケーションの改修にも対応する。

 日常業務支援では、ヘルプデスクのほか、インストールサービスやシステム/ライセンス管理、およびデータの整備に対応する。ニーズに合わせて、アプリケーション領域だけでなく、ITインフラ領域の運用サービスも提供する。

 既に、ソニーグローバルソリューションズ(SGS)と業務委託契約を締結した。SGSが運用していたソニーグループ向けの電気/メカ用のCADと周辺システムの保守運用業務を対象にアウトソーシングサービスの提供を開始している。

 NSSOLは今後、同事業で100億円規模の売上高を目指す。

関連記事

NSSOL、製造業の設計/開発業務におけるITアウトソーシングサービスを開始新日鉄住金ソリューションズ(NSSOL)は2015年4月2日、製造業が設計/開発業務で利用するITシステムを対象にしたアウトソーシングサービスを開始すると発表した。CAD(Computer Aided Design)/CAE(Computer Aided Engineering)やPLM(Product Lifecycle Management:製品情報管理)などを含むシステム全体を対象に包括的なサービスを提供する。

PAGE TOP