[シリコンバレー最前線]

オープンイノベーションの波の中、賢い企業はコーポレートVCで儲ける

2015年4月8日(水)山谷 正己

「コーポレートVC(Venture Capital:ベンチャーキャピタル)」による投資が活発になってきた。優れた先進技術を独自に開発しているスタートアップ企業に資金を投じ、自社の製品/サービスに適用する。オープンイノベーションの波が背景にあるものの、キャピタルゲイン(Capital Gain:投資金利益)を得るという狙いも強い。

写真1:Googleの本社ビル群の一角にあるGoogle Venturesのオフィスビル写真1:Googleの本社ビル群の一角にあるGoogle Venturesのオフィスビル
拡大画像表示

 激化する市場競争にあって、企業が生き残るには、製品/サービスを絶え間なく革新していくことが不可欠である。そのために米国企業が取り組みを強化するのがオープンイノベーション、つまり外部の力を借りながら製品/サービスを開発することである。

 本来なら、社内の人材にベンチャー精神を鼓吹してイノベーションを促進すればよいのだが、上手く機能しないのが実状だ。過去、社内ベンチャー制度も採り入れたが、生活が保障されている安定した生活の中からは、画期的なイノベーションは生れないことが実証されてきた。ガレージといわないまでも、質素な仕事環境で、新しいことに挑戦するハングリー精神がイノベーションを生む。

VC以上に高額を投資しているコーポレートVC

図1:米国のコーポレートVCによる投資の推移図1:米国のコーポレートVCによる投資の推移
拡大画像表示

 こうした背景から米国では近年、VC(Venture Capital)に混ざって、コーポレートVCによる投資が活発になっている(図1)。コーポレートVCとは、既存の事業会社が投資基金を確保し、スタートアップ企業へ直接投資することである。通常のVCがスタートアップ企業に投資するのを真似ている。

 例えば、IntelのコーポレートVCであるIntel Capitalは、1991年に活動を始めた老舗である。これまでに1280のスタートアップ企業に計108億ドルを投資している。Googleは2009年からGoogle Venturesを始め、これまでに 160億ドルを投資した。主なコーポレートVCの2014年の投資件数を表1に挙げる。米国企業以外では、韓国のSamsung Ventures、ドイツのSiemens Venturesが著名だ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】コーポレートVCも目指すのはエグジット
  • 1
  • 2
バックナンバー
シリコンバレー最前線一覧へ
関連記事

オープンイノベーションの波の中、賢い企業はコーポレートVCで儲ける「コーポレートVC(Venture Capital:ベンチャーキャピタル)」による投資が活発になってきた。優れた先進技術を独自に開発しているスタートアップ企業に資金を投じ、自社の製品/サービスに適用する。オープンイノベーションの波が背景にあるものの、キャピタルゲイン(Capital Gain:投資金利益)を得るという狙いも強い。

PAGE TOP