[調査・レポート]

2014年度は8.1%増、成長を続ける国内ECサイト構築市場―ITR調査

2015年4月10日(金)IT Leaders編集部

アイ・ティ・アール(ITR)は2015年4月8日、国内ECサイト構築市場および決済代行サービス市場の市場動向・予測の概要を発表した。同市場の2014年度の売上高予測は前年度比8.1%増で、今後数年にわたって成長を続けると同社は見ている。

 ITRの調査レポートは、ECサイト構築市場21社と決済代行サービス11社を合わせた国内32社を対象に調査を実施し、市場動向・予測の分析を行ったものである。なお、同社はECサイト構築市場を、パッケージ(ライセンスのみ)/保守を含めたパッケージ/SaaSの3タイプに分けて調査を行っている。

 パッケージ(ライセンスのみ)とSaaSの合計売上金額を見ると、2013年度のECサイト構築市場規模は、店舗の大型化や1店舗あたりの売上高の増大などの要因から、前年度比で8.4%増となった。また、2014年度も前年度比8.1%増と、同程度の伸びを見込んでいる。ITRによると現在、この市場では2番手争いが激化しつつあるという。

 パッケージ製品に保守金額を含めた場合、2013年度は前年度比10.1%増となる。ITRは、2014年度の伸びを前年度比9.4%増と予測する(図1)

図1:ECサイト構築市場規模推移および予測(出典:ITR) ※ベンダーの売上金額を対象とし、3月期ベースで換算。2014年度以降は予測値

 今後はECサイト構築製品・サービス機能のコモディティ化により、サポート体制や店舗の売上支援などの付帯的なサービスの充実度、実績・評判などの差別化要因から、ベンダーの淘汰が進むとITRでは予想している。一方、ECサイトでの購入者の増加やB2Cのみならず、B2BでのEC化率の向上、販売品目の拡大などが見込まれる。

 ITRは、2013年度から2018年度までの、ECサイト構築市場全体の年間成長率(CAGR: Compound Annual Growth Rate)を7.4%、パッケージ(ライセンスのみ)とSaaSのCAGRを6.4%と見積もっている。

 同調査の詳細は、ITRが発行したレポート「ITR Market View: ECサイト構築市場2015」で報告されている。同レポートには、市場規模実績(2012~2013年度)および予測(2014~2018年度)やマーケットシェア(2012~2014年度予測)、ベンダー各社(32社)のプロファイルなどが掲載されている。

関連キーワード

ITR / EC

関連記事

2014年度は8.1%増、成長を続ける国内ECサイト構築市場―ITR調査アイ・ティ・アール(ITR)は2015年4月8日、国内ECサイト構築市場および決済代行サービス市場の市場動向・予測の概要を発表した。同市場の2014年度の売上高予測は前年度比8.1%増で、今後数年にわたって成長を続けると同社は見ている。

PAGE TOP