[新製品・サービス]

AWS、機械学習技術のマネージド型サービスを投入

2015年4月13日(月)IT Leaders編集部

米Amazon Web Services(AWS)は米国シアトルで2015年4月9日(現地時間)、機械学習技術を利用するためのマネージド型サービス「Amazon Machine Learning」を発表した。過去のデータから予測モデルを簡単に構築/展開できるようにする。不正行為の察知や、顧客離反の防止、カスタマーサポートの改善といった用途に使用できるという。

 Amazon Machine Learningは、Amazon.com自身が利用している技術をベースに開発したサービス。具体的には、ECサイトにおえる商品レコメンド機能などに応用されている。大量のデータから予測モデルを構築し、将来予測に向けた分析処理を実行する。

 Amazon S3(Simple Storage Service)、Amazon RedshiftおよびAmazon RDS(Relational Database Service)と統合されているため、AWS上に蓄積しているデータを高速かつ大量に処理し、リアルタイムな予測業務に活用できる。

 機械学習技術を分析業務に適用するための複雑な手順を排除するために、種々の自動化を図っている。利用者は、統計学やデータ分析、機械学習に関する深い知識や経験がなくてもよい。APIと操作ガイド機能を使って、展開と拡張のしやすい機械学習モデルを作成/調整することができる。

 AWSマネジメントコンソールやAPI(Application Programming Interface)を利用することで、必要なモデルを作成できる。モデル学習に使われるデータセットの統計的プロパティーを視覚化し、データ上のパターンを見つられるようにすることで、モデル学習の前に、欠損値や無効値を特定できるようになる。

 最適なモデルを作成する際も、自動的に学習データを変換し、機械学習アルゴリズムを最適化するため、パラメーターの調整は不要。クラウドサービスなので、機械学習技術を利用するための、ハードウェアのプロビジョニングや、計算負荷の分配や拡張、依存関係の管理、インフラの監視や修理対応といたインフラ構築/運用は不要。
 

関連記事

AWS、機械学習技術のマネージド型サービスを投入米Amazon Web Services(AWS)は米国シアトルで2015年4月9日(現地時間)、機械学習技術を利用するためのマネージド型サービス「Amazon Machine Learning」を発表した。過去のデータから予測モデルを簡単に構築/展開できるようにする。不正行為の察知や、顧客離反の防止、カスタマーサポートの改善といった用途に使用できるという。

PAGE TOP