[新製品・サービス]

米エンタープライズDB日本法人、AWS上のPostgreSQLの暗号化を改善

2015年4月21日(火)IT Leaders編集部

OSS(Open Source Software)のデータベース「Postgres」の拡張版を開発・販売する米エンタープライズDB(EDB)の日本法人は2015年4月20日、AWS(Amazon Web Services)上で提供する「Postgres Plus Cloud Database」の最新版を発表した。データ暗号化機能が最大の改善点になる。

 最新版では、ストレージのデータ暗号化を改善したことで、米国のHIPAA(医療保険の携行性と責任に関する法律)への対応が可能になった。HIPPA対応が求められるヘルスケア関連アプリケーションにも使用できることになる。AWS(Amazon Web Services)上で利用できるため、企業規模で安価なクラウドデータベースを使用できる。

 同社がAWS上で提供するPostgresクラウド製品は「Postgres Plus Cloud Database Advanced」と「Postgres Plus Cloud Database Basic」の2つ。両製品とも、Postgres向けの専門的サポートを提供するほか、AdvancedエディションではOracleとのデータベース互換機能などを提供している。

関連記事

米エンタープライズDB日本法人、AWS上のPostgreSQLの暗号化を改善OSS(Open Source Software)のデータベース「Postgres」の拡張版を開発・販売する米エンタープライズDB(EDB)の日本法人は2015年4月20日、AWS(Amazon Web Services)上で提供する「Postgres Plus Cloud Database」の最新版を発表した。データ暗号化機能が最大の改善点になる。

PAGE TOP