[製品サーベイ]

メガネ型ウェアラブルデバイス(製品編)-2015年に新製品が続々登場

2015年4月27日(月)魯 玉芳(IT Leaders編集部) 志度 昌宏(IT Leaders編集部)

B2B(Business to Business:企業間)用途でのメガネ型ウェアラブルへの期待が高まっている。ベテラン社員の退職や各種製品のソフト化などを背景に、保守現場などを中心にノウハウ伝達/継承に向けた利用/検証が始まっている。2015年には、B2Bに焦点を合わせた製品が多数、登場してくる。

 「ここ1年ほど、企業からの問い合わせが再燃している」−−。メガネ型ウェアラブルデバイスを以前から扱ってきたメーカーやITサービス事業者の多くが、こう口をそろえる。「2015年は、B2B(企業間)におけるメガネ型ウェアラブルデバイス元年になる」との見方も広がっている。

 メガネ型ウェアラブルデバイスに改めて期待が高まっているのは、工場や物流拠点、保守現場などに加え、医療現場などにおける作業支援用途。テーマパークや観光ツアーなど、事業者が顧客向けサービスの一環として利用するB2B2C(企業対企業対個人)に向けた問い合わせや実施例もあるという。

「クラウド前提」を示したGoogleGlassが火付け役?

 メガネ型ウェアラブルデバイスは決して新しい製品分野ではない。VR(Virtual Reality)の技術とともに1960年代から開発され、1990年代には「HMD(Head Mounted Display)」として一般企業に向けた製品化が始まっている。

 それがここに来て改めて注目を集める大きなきっかけの1つが、2012年に市場テストが始まったGoogle Glassだろう。一般のメガネに、より近づいたデザインや、カメラで撮影した対象を認識し、その名称や特徴といった各種データが直ぐに確認できるといったプロモーションビデオの内容などによって、「こんな使い方をしてみたい」という関心を高めたと言える。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】センサーしか搭載しない製品も登場
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
バックナンバー
製品サーベイ一覧へ
関連記事

メガネ型ウェアラブルデバイス(製品編)-2015年に新製品が続々登場B2B(Business to Business:企業間)用途でのメガネ型ウェアラブルへの期待が高まっている。ベテラン社員の退職や各種製品のソフト化などを背景に、保守現場などを中心にノウハウ伝達/継承に向けた利用/検証が始まっている。2015年には、B2Bに焦点を合わせた製品が多数、登場してくる。

PAGE TOP