[真のグローバルリーダーになるために]

【第9回】香港支社副社長との再会、日本・香港混合チームによる作戦会議が始動

2015年5月8日(金)海野 惠一(スウィングバイ代表取締役社長)

ほとんど勝機がない入札案件のために香港に飛んだ日本ITCソリューション課長の佐々木。翌日から,どう動くかをホテルの一室で考えながら、山下塾の木元塾頭から聞いた「真のグローバルリーダーの条件」や「日本の精神」に改めて思いを巡らせていた。自分は、塾頭の教え通り、日本人のアイデンティティを持って商談に望めるだろうか。そんな気持ちながらも、日本にいる妻に電話を掛けた。

 「ごめん。遅くなって」

 日本は午前1時を回ったところだ。ここ香港とは時差が1時間ある。

 「いいのよ。でも心配していたわ。無事着いたのか不安でした」

 「いや、明日の会議の準備があって遅くなってしまった。これからもう寝るところだ。また明日電話するよ。じゃあ、おやすみ」

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】外資系企業は日本市場を虎視眈々と狙っている
  • 1
  • 2
バックナンバー
真のグローバルリーダーになるために一覧へ
関連記事

【第9回】香港支社副社長との再会、日本・香港混合チームによる作戦会議が始動ほとんど勝機がない入札案件のために香港に飛んだ日本ITCソリューション課長の佐々木。翌日から,どう動くかをホテルの一室で考えながら、山下塾の木元塾頭から聞いた「真のグローバルリーダーの条件」や「日本の精神」に改めて思いを巡らせていた。自分は、塾頭の教え通り、日本人のアイデンティティを持って商談に望めるだろうか。そんな気持ちながらも、日本にいる妻に電話を掛けた。

PAGE TOP