[新製品・サービス]

サテライトオフィス、Google Apps上でCRMとGmailなどを連携

2015年5月1日(金)IT Leaders編集部

Googleのクラウド型グループウェア「Google Apps for Work」などの導入支援を手がけるサテライトオフィスは2015年4月30日、同社が提供するGoogle上のCRM(Customer Relationship Management:顧客関係管理)サービスにおいて、Gmailなどとの連携機能の提供を開始したと発表した。

 連携させたのは、サテライトオフィスが提供するCRM(Customer Relationship Management:顧客関係管理)のクラウドサービス「サテライトオフィス・クラウドCRM for Google Apps」と、GmailおよびGoogleカレンダーとGoogleドキュメント。

 これにより、例えばCRM上で、企業や担当者、案件/商談の情報や、各種作業メモや議事録、ToDoなどを開くと、関連したGmailやGoogleドキュメントが表示される。各アクションやリマインダーの情報を登録すれば、Googleカレンダーにも登録される。

 CRM for Google Appsは、企業/担当者や案件/商談の管理に加え、担当者の「アクション」を管理できるCRMサービス。電話や訪問、見積書や請求書、日報、セミナーへの来場やアンケートの回答などを管理できる。アプリケーション仮想化機能を使えば、1社で複数のCRMサービスを運用することも可能だ。

 サテライトオフィスは、Google Appsの導入支援サービスとして、Google Appsで利用できるSSO(Single Sign On)やワークフロー、組織カレンダー、組織アドレス帳、ドキュメント管理といった機能を無償または有償で提供している。

関連記事

サテライトオフィス、Google Apps上でCRMとGmailなどを連携Googleのクラウド型グループウェア「Google Apps for Work」などの導入支援を手がけるサテライトオフィスは2015年4月30日、同社が提供するGoogle上のCRM(Customer Relationship Management:顧客関係管理)サービスにおいて、Gmailなどとの連携機能の提供を開始したと発表した。

PAGE TOP