[データ分析が導く製造業の変革]

【第1回】製造業のデータ分析には2つのタイプがある

2015年5月12日(火)本橋智光 山﨑知美

多くの企業が、データ分析/データ活用に期待するものの、残念ながらデータ分析への取り組みでは、まだまだ失敗事例も多い。多くの原因は、データ分析の目的やゴールをきちんと検討しないまま、データ分析作業を進めてしまうことにある。特に製造業においては、そのビジネスの展開領域が幅広いだけに、何の業務を対象に、どのような分析を実施すべきかを事前に、十分に検討する必要がある。

 本連載では製造業を、食品や衣料、医療機器、製鉄や化学製品など幅広く捉えている。完成品の姿は様々でも、その製造プロセスは、製品企画、製造、販売/利用という意味では共通だ。ただデータ分析が効果を発揮するポイントは、どのような製品を、どういった方法で製造し、誰に販売するのかなど、改善すべき業務によって異なってくる。

 第1回となる今回は、製造業におけるデータ分析における2つのタイプを示し、データ分析と技術トレンドによって変革する製造プロセスの全体像を紹介する。以後、2つのタイプのそれぞれについて、製造業におけるデータ分析の現状と今後を説明した後に、データ分析によって製造業がどのように変化していくのかを述べていく。

IT技術の変革が製造業のデータ分析の姿を変える

 製造業におけるデータ分析は、昨日今日に始まったわけではない。製造現場にある機器にセンサーを取り付けてデータを収集し、故障検知や生産性向上のために利用されている。統計的手法を用いた最適化技術も古くから適用されている。さらに、そうした製造業のデータ分析をより進化させるだけのIT技術の変革が今、起こっている。

 その1つが、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)の広がりである。家電や自動車などの製品に搭載した各種センサーから、これまでは収集が難しかった製品販売後のデータをリアルタイムに収集できる。家電の使用状況を基に故障時期を予知したり、自動車の運転状況を踏まえて保険料を変更したりといった新たなサービスの提供が可能になるなど、製品のライフサイクル全般を通して、顧客との関係性を保ち続けられるわけだ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】精度追求型のテーマは生産性改善や品質の向上
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
データ分析が導く製造業の変革一覧へ
関連記事

【第1回】製造業のデータ分析には2つのタイプがある多くの企業が、データ分析/データ活用に期待するものの、残念ながらデータ分析への取り組みでは、まだまだ失敗事例も多い。多くの原因は、データ分析の目的やゴールをきちんと検討しないまま、データ分析作業を進めてしまうことにある。特に製造業においては、そのビジネスの展開領域が幅広いだけに、何の業務を対象に、どのような分析を実施すべきかを事前に、十分に検討する必要がある。

PAGE TOP