プラットフォーム プラットフォーム記事一覧へ

[イベントレポート]

【EMC World 2015】アジャイル/DevOpsへの道はストレージ環境の見直しから

2015年5月7日(木)志度 昌宏(IT Leaders編集部)

米EMCは2015年5月4日〜7日(現地時間)に、年次イベント「EMC World 2015」を米ラスベガスで開催した。そこで同社が強調するのは“アジャイル”や“DevOps”といったアプリケーション開発関連のキーワード。ストレージベンダーであるEMCがなぜアジャイル/DevOpsなのか。その答えは、今後の主流と目されるハイブリッドクラウド環境の構築に向けて、企業が持つプライベートなPaaS(Platform as a Service)/IaaS(Infrastructure as a Service)基盤の提供にEMCが本腰を入れることにある。具体的にどんな製品を投入するのか、4日〜6日のそれぞれに開かれた3つの基調講演を中心にみていこう。まずは4日の基調講演のテーマであったストレージ製品から紹介する。

 EMC World 2015のテーマは「REDEFINE.NEXT」。前年のテーマ「REDEFINE(新定義)」を受けており、さしずめ「新たな定義に沿って次の一歩を踏みだそう」といったところだろう。

 3つの基調講演のテーマは明確に分かれていた。4日は、同社のコアテクノロジー部門、すなわちストレージ製品が、5日は米VMwareや米Pivotalといったグループ企業を含めた“フェデレーション(連合)”型の製品群である。そして6日が将来に向けたエマージングテクノロジー部門の取り組みだ。この順序には意味がある。企業がプライベートクラウド構築に乗り出すための1つの方向を示しているからだ。それはどういうことか。

構築すべきは「デジタル時代のビジネスを支えるIT」

EMCインフォメーションインフラストラクチャー部門のCEO(最高経営責任者)であるDavid Goulden氏EMCインフォメーションインフラストラクチャー部門のCEO(最高経営責任者)であるDavid Goulden氏

 EMC World 2015初日の基調講演に最初に登壇したのは、インフォメーションインフラストラクチャー部門のCEO(最高経営責任者)であるDavid Goulden氏。同氏は、「わずか5年後の2020年には、スマートフォンなどを対象にしたモバイルアプリケーションが日常生活に浸透している。そうした時代のビジネスはITがリードすべきである」と指摘する。

 そのためには、「モバイル、クラウド、ビッグデータ、ソーシャルに対応できる第3のプラットフォームが必要だ。だが、そこで重要なのは、対顧客向けのサービスを提供するアプリケーションの開発であり運用である」(同)と強調する。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】コンバージド製品が既存システムのTCOを下げる
  • 1
  • 2
関連記事

【EMC World 2015】アジャイル/DevOpsへの道はストレージ環境の見直しから米EMCは2015年5月4日〜7日(現地時間)に、年次イベント「EMC World 2015」を米ラスベガスで開催した。そこで同社が強調するのは“アジャイル”や“DevOps”といったアプリケーション開発関連のキーワード。ストレージベンダーであるEMCがなぜアジャイル/DevOpsなのか。その答えは、今後の主流と目されるハイブリッドクラウド環境の構築に向けて、企業が持つプライベートなPaaS(Platform as a Service)/IaaS(Infrastructure as a Service)基盤の提供にEMCが本腰を入れることにある。具体的にどんな製品を投入するのか、4日〜6日のそれぞれに開かれた3つの基調講演を中心にみていこう。まずは4日の基調講演のテーマであったストレージ製品から紹介する。

PAGE TOP