[イベントレポート]

【EMC World 2015】ハイブリッドクラウド環境はコンバージドシステムで作る

2015年5月11日(月)志度 昌宏(IT Leaders編集部)

米EMCは2015年5月4日〜7日(現地時間)に、年次イベント「EMC World 2015」を米ラスベガスで開催した。そこで同社が強調したのは“アジャイル”や“DevOps”といったアプリケーション開発関連のキーワード。今後の主流と目されるハイブリッドクラウド環境の構築を訴求するためだ。まず、既存システムの運用コストを引き下げる策としてストレージ環境の見直しを提案。そのうえでプライベートなPaaS(Platform as a Service)/IaaS(Infrastructure as a Service)基盤の構築につなげる。EMCは具体的にどのようなクラウド製品を投入するのか。5日の基調講演のテーマである“フェデレーション(連合)”の中身を紹介する。

 REDEFINE.NEXT−−。EMC World 2015のテーマが示す“新たな定義に沿った次の一歩”は、「モバイル、クラウド、ビッグデータ、ソーシャルに対応できる第3のプラットフォーム」(インフォメーションインフラストラクチャー部門のCEO(最高経営責任者)であるDavid Goulden氏)の構築を指している。Systems of Recordから、Systems of Engagementへの変革が必要だというわけである。

 そのためにはまず、既存システムの運用コスト削減が必要になる。そこで、コンバージド(統合)製品やフルフラッシュのストレージアレイなどを投入することで、アプリケーション処理性能のボトルネックを解消する。これが、5月4日の基調講演の主旨だった(関連記事『アジャイル/DevOpsへの道はストレージ環境の見直しから』)。

EMC会長兼CEOのJoe Tucci氏EMC会長兼CEOのJoe Tucci氏

 翌5日の基調講演は、「第3のプラットフォーム」の提供に向けて、EMCが考えるハイブリッドクラウド基盤の今と、これからを紹介するのが目的だ。冒頭に登壇した会長のJoe Tucci氏は、「ITの世界で2015年は変曲点にある。新しいデジタルな時代の始まりだ。これまで通りのやり方ではビジネスは成立しない。この大きな波に打たれてしまうのではなく、大きなチャンスだととらえ、乗りこなそう」と、第3のプラットフォームの重要性を改めて訴えた。

フェデレーションでEMCはメインフレーマーになる?!

 第3のプラットフォームに向けたEMCの持ち駒は明確だ。IaaS(Infrastructure as a Service)基盤における米VMwareの製品群であり、PaaS(Platform as a Service)基盤における米Pivotalの製品群である。これらだけなら、従来と変わらない。何が変化するのだろうか。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】コンバージド製品が既存システムのTCOを下げる
  • 1
  • 2
関連記事

【EMC World 2015】ハイブリッドクラウド環境はコンバージドシステムで作る米EMCは2015年5月4日〜7日(現地時間)に、年次イベント「EMC World 2015」を米ラスベガスで開催した。そこで同社が強調したのは“アジャイル”や“DevOps”といったアプリケーション開発関連のキーワード。今後の主流と目されるハイブリッドクラウド環境の構築を訴求するためだ。まず、既存システムの運用コストを引き下げる策としてストレージ環境の見直しを提案。そのうえでプライベートなPaaS(Platform as a Service)/IaaS(Infrastructure as a Service)基盤の構築につなげる。EMCは具体的にどのようなクラウド製品を投入するのか。5日の基調講演のテーマである“フェデレーション(連合)”の中身を紹介する。

PAGE TOP