[イベントレポート]

IoT時代における製造業の事業モデルを提唱
──アジリティ(Agility)の追求が鍵になる──

IFS World Conference2015報告

2015年5月11日(月)田口 潤(IT Leaders編集部)

 企業、中でも製造業における情報システムはどんな方向に向かっているのか。あるいは確実に浸透しつつあるIoT(Internet of Things)をどのように生かし、自らのビジネスや事業を変革すればいいのか。それを占う格好の場が、製造業に強みを持つERPベンダーであるIFSが開催した「IFS World Conference 2015」である。日本における認知度は決して高くはないが、IFSは米ガートナーの評価でSAPと並び「リーダー」にポジショニングされているベンダーである。

 読者は「MRO」「PBL」といった言葉をご存じだろうか。日本における一般的な解釈は「MRO=Maintenance、Repair and Operations(間接材調達)」、「PBL=Project Based Learning(プロジェクトを想定した教育演習)」だろう。しかしIFS World Conference 2015(WoCo2015)では、全く異なる意味で使われていた。製造業の将来像の一つを示すものとして、である。

 まずMRO。Maintenance、Repairは同じだが、OはOverhaul(オーバーホール、総点検)である。全体の意味は、航空機やプラントといった機材や設備のメンテナンス、修理、オーバーホールを引き受ける受託整備事業を指す。発注者である航空会社などからすると、機体の整備や部品の調達・管理といった面倒な仕事を一括して外部に委託できる。もう一つのPBLは、Performance Based Logisticsの略。個々の作業や部品の調達に対価を支払うのではなく、可動率の確保や修理時間の短縮といった成果(パフォーマンス)に対価を支払う契約形態のことだ。ほかに企業サービス管理(ESM:Enterprise Service Management)という言葉もある。

 これらは必ずしも明確に定義された概念や用語ではなく、いささか分かりにくい。だが販売した機器や設備の保守・運用を担うだけに留まらず、例えば製品の稼働をサービスとして提供するビジネス形態と捉えると、明解になるかも知れない。つまり航空機エンジンや医療機器、建設機械やプラントを稼働させる責任を担うのは、これまでは購入企業(顧客)だった。これからはITやIoTを駆使するメーカー(製造業)がその役割を果たすようになる。言わば「製品の製造・販売」から「Product as a Service」へと事業モデルを変えていく。そのことを示すキーワードがMROやPBL、そしてESMなのだ。

 ただしWoCo2015が、こうした概念や用語にスポットを当てたカンファレンスだったというわけではない。主役はあくまで主催者であるIFSの新製品「IFS Applications 9」であり、カンファレンスで語られたことも「Change: Don't just adapt to it、capitalize on it(変化に適応するだけでなく、変化を利用せよ)」といった、より抽象度の高いフレーズだった。なぜか? 欧米ではMRO、PBLといった概念やそれに基づく事業モデルが、一部の業界かも知れないが浸透・定着しつつあるからだ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】1次的変化ではなく、2次的変化に着目せよ!
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
関連記事

IoT時代における製造業の事業モデルを提唱──アジリティ(Agility)の追求が鍵になる── 企業、中でも製造業における情報システムはどんな方向に向かっているのか。あるいは確実に浸透しつつあるIoT(Internet of Things)をどのように生かし、自らのビジネスや事業を変革すればいいのか。それを占う格好の場が、製造業に強みを持つERPベンダーであるIFSが開催した「IFS World Conference 2015」である。日本における認知度は決して高くはないが、IFSは米ガートナーの評価でSAPと並び「リーダー」にポジショニングされているベンダーである。

PAGE TOP