[シリコンバレー最前線]

クラウド対応が明暗分ける米IT業界、投資会社や政界もクラウドの“波乗り”に熱心

2015年5月14日(木)山谷 正己

クラウドコンピューティングの普及により、米国のIT業界は大きく様変わりしつつある。クラウドの波に乗った企業と、乗り切れていない企業の差が顕著になってきた。自力ではクラウドベースのソフトウェアを開発できないことを自覚した企業は、クラウド系スタートアップ企業の買収に勤しんでいる。

 これまでもIT業界では、大型から小型へ、集中から分散へといったパラダイムシフトが数回起こっている。しかし、それらはすべて2次元におけるシフトだった。今回のクラウドコンピューティングはITの“3次元”への変革である。ソフトウェア技術者から営業担当者、そして経営者までが、3次元思考に頭を切り替えるには相当の時間がかかる。

図1:明暗を分ける主なITベンダーの過去1年間の売上成長率図1:明暗を分ける主なITベンダーの過去1年間の売上成長率
拡大画像表示

 この頭の切り替え時間をどれだけ短縮し先取りできるかが、これからのIT業界の勝者を決める。このことは、クラウドの波に乗っている米国企業が、Amazon.comやGoogle、Salesforce.comといった企業であり、逆に乗り切れていない企業の多くが、25年以上の社歴を持つ老舗であることが示している(図1)。

 両者の差は、過去1年間の売上高の成長率に明確に表れている。なかでもHPとIBMの売上高は、この3年間、右肩下がりである。

クラウド系スタートアップ企業の買収合戦が加熱

 こうした背景から、クラウド分野のスタートアップ企業の買収合戦も熱を帯びている。老舗企業は、自力ではクラウドを開発できないが、これまでに稼いできた資金を糧に、競ってスタートアップを買収して後れを取り戻そうとするからだ(表1)。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】3次元思考への切り替えには中堅企業も苦戦
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
シリコンバレー最前線一覧へ
関連記事

クラウド対応が明暗分ける米IT業界、投資会社や政界もクラウドの“波乗り”に熱心クラウドコンピューティングの普及により、米国のIT業界は大きく様変わりしつつある。クラウドの波に乗った企業と、乗り切れていない企業の差が顕著になってきた。自力ではクラウドベースのソフトウェアを開発できないことを自覚した企業は、クラウド系スタートアップ企業の買収に勤しんでいる。

PAGE TOP