[インタビュー]

【Informatica World 2015】データ基盤のインテリジェンスなしにIoT時代のデータ活用は成り立たない、Informatica Cloud担当SVP

2015年5月15日(金)志度 昌宏(IT Leaders編集部)

データマネジメント関連ツールを開発・販売する米インフォマティカが2015年5月11日から15日(現地時間)にかけて、米ラスベガスで年次カンファレンス「Informatica World 2015」を開催している。前年に打ち出した同社ビジョン「Intelligent Data Platform」をハイブリッドクラウド環境へ拡張すると同時に、自身のクラウドサービス「Informatica Cloud」を強化する。米本社でInformatica CloudのSVP兼GMを務めるAshutosh Kulkarni(アシュトシュ・クルカルニ)氏に今回の発表の意義や今後の方針などを聞いた。(聞き手は志度 昌宏=IT Leaders編集部)

Informatica CloudのSVP兼GMを務めるAshutosh Kulkarni(アシュトシュ・クルカルニ)氏Informatica CloudのSVP兼GMを務めるAshutosh Kulkarni(アシュトシュ・クルカルニ)氏

−−ビジネス部門がデータをより容易に活用するためのデータ統合/マネジメント基盤である「Intelligent Data Platform(IDP)」を発表してから1年が経った。「Informatica World 2015」での変化は何か。

 IDPがビジョンから現実になっていることだ。IDPで描いている姿は既に、企業のオンプレミス環境と、当社のクラウドサービス「Informatica Cloud」のそれぞれに用意されている。利用企業は、オンプレミスとクラウドの別を問わず、データ活用のための基盤として利用できる。

 昨年の「Informatica World 2014」で紹介したプロジェクトも実製品になっている(関連記事『データ連係ツールからデータ基盤へ、「Intelligent Data Platform」を発表』)。具体的には、ビジネス部門がデータをセルフサービス型で利用できるようにする「Springbok」は「Informatica Rev」として2014年12月に、データ単位でのセキュリティを可能にする「Secure@Source」は同名で2015年5月に、それぞれ製品版を投入した。Hadoop環境を取り込んだData Lakeへの対応も同様である。

 当社が単にビジョンを掲げているだけではなく、実際に企業がデータを最大限活用しビジネスの変革を図れるようにテクノロジーに投資し、製品として実現していることが理解していただけるはずだ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】Data Lakeには大きく2つの課題がある
  • 1
  • 2
  • 3
関連記事

【Informatica World 2015】データ基盤のインテリジェンスなしにIoT時代のデータ活用は成り立たない、Informatica Cloud担当SVPデータマネジメント関連ツールを開発・販売する米インフォマティカが2015年5月11日から15日(現地時間)にかけて、米ラスベガスで年次カンファレンス「Informatica World 2015」を開催している。前年に打ち出した同社ビジョン「Intelligent Data Platform」をハイブリッドクラウド環境へ拡張すると同時に、自身のクラウドサービス「Informatica Cloud」を強化する。米本社でInformatica CloudのSVP兼GMを務めるAshutosh Kulkarni(アシュトシュ・クルカルニ)氏に今回の発表の意義や今後の方針などを聞いた。(聞き手は志度 昌宏=IT Leaders編集部)

PAGE TOP