[新製品・サービス]

日本情報通信、SoftLayerを使いやすくする管理支援サービス「kumade」を無料提供

2015年5月15日(金)IT Leaders編集部

日本情報通信(NI+C)は2015年5月15日、米IBMのIaaS「SoftLayer」の使い勝手を向上させる管理支援サービス「kumade(クマデ)」を発表し、無料で提供を開始した。同ツールは、SoftLayerの標準管理ポータルでは提供されていない管理機能を提供するもの。

 ベアメタルサーバーを選択できることが特徴のSoftLayerには、グローバルに展開するクラウドサービスゆえのハードルも存在する。kumadeは、日本国内のSoftLayer販売パートナーであるNI+Cが、顧客の導入・運用支援で培ったスキル・経験を生かして開発された管理支援サービスである。

画面1:kumade advantageのダッシュボード画面イメージ(出典:日本情報通信)

 「kumade advantage」と「kumade bind」の2種類の内容が用意される。kumade advantageは、SoftLayerの利用者向けで、SoftLayerの標準管理ポータルに不足している機能を提供する。一方のkumade bindはパートナー企業向けで、SoftLayerアカウントの制御や請求処理のサポート機能など、パートナー企業がSoftLayerの販売を推進し、複数の顧客管理をするために役立つ機能を提供する。それぞれの主な機能は次のとおりとなっている。

■kumade advantageの主な機能
ダッシュボード:現在のサーバー状況などを一元的に表示するダッシュボード機能で、各サーバーの簡易的なコントロールや管理ポータル画面へのショートカットが行える。
リソース・コレクション(2015年秋提供予定):現在、契約しているリソースを容易に調べることが可能で、構成を管理していくうえで必要な情報を得たり、不要なリソースを確認したりすることが可能。
パラメーターシート自動作成機能(2015年夏提供予定):サーバーの設定内容をExcelファイルとして取得でき、利用者の使い勝手を向上させる。

■kumade bindの主な機能
アカウント・クリエーション:複数の顧客に対して、適切な権限を持つユーザーアカウントを自動的および定型的に素すばやく作成することが可能。
インボイス・コレクション
:パートナー企業が管理する複数の環境において、すべての請求処理の一元管理を担う機能。請求金額の変動や内訳を、顧客ごとのログインすることなしに確認が可能。
デリバリー・ノーティフィケーション(2015年夏提供予定):SoftLayerから発行される通知を顧客にメール転送することが可能。
クレジット・マネージメント(2015年夏提供予定):パートナー企業に必要なSoftLayerへの支払処理をサポートする機能

 日本情報通信によれば、SoftLayerから連絡されるメンテナンス情報だけでなく、パートナー企業のビジネス情報なども盛り込んで顧客宛てにメールマガジンとして配信する機能など、今後は特にパートナー企業用の機能を拡充していく予定という。

関連キーワード

日本情報通信 / SoftLayer

関連記事

日本情報通信、SoftLayerを使いやすくする管理支援サービス「kumade」を無料提供日本情報通信(NI+C)は2015年5月15日、米IBMのIaaS「SoftLayer」の使い勝手を向上させる管理支援サービス「kumade(クマデ)」を発表し、無料で提供を開始した。同ツールは、SoftLayerの標準管理ポータルでは提供されていない管理機能を提供するもの。

PAGE TOP