[クラウド分解辞典−Amazon Web Services編]

【第2回】AWSの利用にはネットワークサービスが不可欠−Amazon VPCとAWS Direct Connect

2015年5月27日(水)佐々木 大輔(クラスメソッド AWS コンサルティング部 部長/札幌オフィスエリアマネージャ)

第1回は『AWSをより良く知るための基礎知識』として、Amazon Web Services(AWS)の概要と特徴を紹介した。今回からは、AWSの各サービスについて順を追って説明していく。今回は、AWS上にシステムを構築するための必須機能であるネットワークサービスから、仮想ネットワークサービスの「Amazon VPC」と、VPCを閉域網経由で接続するためのサービスである「AWS Direct Connect」を紹介する。

 クラウドコンピューティングを利用する際に、最初にイメージするのは、サーバーやストレージかもしれない。だが、ネットワーク経由で利用するクラウドサービスにおいては、クラウドに接続するためのネットワークが不可欠だ。種々のクラウドサービスを利用していくにしても、まずはAWS(Amazon Web Services)のネットワーク環境を理解することが、後々の理解を助けてくれるはずである。

 以下で紹介する「Amazon VPC(Virtual Private Cloud)」と「AWS Direct Connect」を活用すれば、インターネットサービスのためのパブリックなネットワークや、オンプレミス環境とシームレスに接続するプライベートネットワークが自由に設計・構築できる。特に、Amazon VPCはAWSでシステムを構成する際には、ほぼ必須のサービスである。

Amazon VPCでAWS上に専用スペースを作る

 Amazon VPCは、AWS上に利用者が占有可能な仮想プライベートネットワークを構築するためのサービスだ。このVPCの内部にIPサブネットを作成し、その中に、仮想サーバーの「EC2」やデータベースサーバーの「RDS」といったAWSのリソースを配置する。AWSというパブリッククラウド上に、他のネットワークからは完全に分離された、自分だけのスペースを作るようなイメージだ。

 Amazon VPCは、VPN(Virtual Private Network:仮想私設網)としてオンプレミス環境とのみ接続し、インターネットから切り離された社内ネットワークの延長として使えるし、インターネットに公開するサービスのためのネットワークとして使える。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】様々な外部通信ができる
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
バックナンバー
クラウド分解辞典−Amazon Web Services編一覧へ
関連記事

【第2回】AWSの利用にはネットワークサービスが不可欠−Amazon VPCとAWS Direct Connect第1回は『AWSをより良く知るための基礎知識』として、Amazon Web Services(AWS)の概要と特徴を紹介した。今回からは、AWSの各サービスについて順を追って説明していく。今回は、AWS上にシステムを構築するための必須機能であるネットワークサービスから、仮想ネットワークサービスの「Amazon VPC」と、VPCを閉域網経由で接続するためのサービスである「AWS Direct Connect」を紹介する。

PAGE TOP