[真のグローバルリーダーになるために]

【第10回】中国企業がコスト割れで入札してくるかもしれない

2015年5月22日(金)海野 惠一(スウィングバイ代表取締役社長)

香港での案件のため出張した日本ITCソリューション課長の佐々木は、今回の案件のための戦略を練るために、香港支社を訪問した。副支社長の森山とは昔、酒を共にし、アジアの消費市場が巨大化する中で、日本が置かれている窮状について論した仲だ。その後、香港に駐在するようになった森山が、今回の案件に臨むプロジェクトメンバーを収集し、案件の概要を説明し始めた。

 「みなさん。今日は朝早くからご苦労様です。東京本社からも佐々木課長に来ていただきました。香港鉄路有限公司のシステム構築への入札の件が目的です。

 ご存じのように香港は、『オクトパスカード』と呼ばれる交通プリペイドカードを1997年に導入しています。これは、公共交通機関としては世界の先頭を切って、ソニーが開発した非接触型ICカードの規格であるFeliCaを採用したものです。

 オクトパスカードは今では、香港域内の地下鉄から鉄道、バス、香港トラム、LRT、フェリー、ケーブルカーまで、タクシーを除くほとんどの公共交通機関で使えるだけでなく、市中のコンビニエンスストアや、コーヒーショップ、レストラン、自動販売機など様々な加盟店や端末で、電子マネーとして決済ができることは、みなさん知っての通りです。

 ただ、オクトパスシステムも導入からすでに20年近くが経っています。地下鉄の路線が拡大されることもあり、今回システムも全面的に改定することになったのです。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】三十六計の第八計『暗(ひそ)かに陳倉(ちんそう)に渡る』
  • 1
  • 2
バックナンバー
真のグローバルリーダーになるために一覧へ
関連記事

【第10回】中国企業がコスト割れで入札してくるかもしれない香港での案件のため出張した日本ITCソリューション課長の佐々木は、今回の案件のための戦略を練るために、香港支社を訪問した。副支社長の森山とは昔、酒を共にし、アジアの消費市場が巨大化する中で、日本が置かれている窮状について論した仲だ。その後、香港に駐在するようになった森山が、今回の案件に臨むプロジェクトメンバーを収集し、案件の概要を説明し始めた。

PAGE TOP