[失敗しないモダナイゼーション〜マイグレーションを成功させよ〜]

【第5回】コンバージョンツール選定とプロトタイピングの落とし穴

2015年5月25日(月)松本 吉徳

モダナイゼーションを成功に導くためには、リスクを軽減しながら、かつコストを抑えたマイグレーションを実施しなければならない。それには考慮すべき8つのポイントが存在する。前回は、リスク軽減に最も有効な「移行性調査」について紹介した。今回は、マイグレーションで一般的な工程であるプロトタイピングについて考えてみる。ここにも、大きな落とし穴が待っている。

図1:マイグレーションの8つのステップで,コストと品質に影響を与える「コンバージョンツールとプロトタイピング」図1:マイグレーションの8つのステップで,コストと品質に影響を与える「コンバージョンツールとプロトタイピング」
拡大画像表示

 膨大なアプリケーションを移行しなければならないマイグレーションでは、開発コストの圧縮と開発品質の向上が命題である。コスト面では、アプリケーションの改修作業を自動化できるコンバージョンツールを用いて開発作業を大幅に省力化することは、もはや必須である。一方の品質面では、プロトタイピングによって技術的な課題を把握し、その解決を図るのが一般的だ(図1)。しかし、このコンバージョンツールとプロトタイピングには、意外な落とし穴が存在する。

ツールが掲げる変換率は、そのままでは比較基準にならない

 マイグレーションで使用するコンバージョンツールにおける落とし穴は、「変換率」である。

 変換率は、コンバージョンツールを選定する際の評価尺度にも用いられている。例えば「変換率が98%のコンバージョンツール」と言われると、アプリケーションが100本あれば、うち98本が変換可能なように思われるかもしれない。だが、実際には、そう上手くは変換できないケースが存在する。

 なぜなら、「変換率」という言葉は同じでも、その変換率を算出する基準や考え方が、メーカーやSI(System Integration)ベンダーで異なっているからだ。そのため、単純に変換率として示される数字だけからコンバージョンツールを評価すると、期待した結果が得られないことがある。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】ステップ数とアプリケーション本数では変換率が異なる
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
失敗しないモダナイゼーション〜マイグレーションを成功させよ〜一覧へ
関連記事

【第5回】コンバージョンツール選定とプロトタイピングの落とし穴モダナイゼーションを成功に導くためには、リスクを軽減しながら、かつコストを抑えたマイグレーションを実施しなければならない。それには考慮すべき8つのポイントが存在する。前回は、リスク軽減に最も有効な「移行性調査」について紹介した。今回は、マイグレーションで一般的な工程であるプロトタイピングについて考えてみる。ここにも、大きな落とし穴が待っている。

PAGE TOP