[ザ・プロジェクト]

「銀行の常識を打ち破る」―りそな銀行のオペレーション改革を支えるシステム基盤戦略

2015年5月21日(木)河原 潤(IT Leaders編集委員/データセンター完全ガイド編集長)

公的資金注入から12年。2015年6月に公的資金の完済を見込み、再生から成長へと経営ステージの転換を図るりそなホールディングス。12年にわたるコスト削減と収益向上の取り組みで根幹をなしたのが、グループを挙げて推進するオペレーション改革プロジェクトだ。この12年間にどんな施策を展開し、それらを支えるためのシステム基盤をどう再生したのか。りそな銀行の常務執行役員オペレーション改革部担当兼システム部担当の白鳥哲也氏が改革の軌跡を明かす。東京都内で2015年5月15日に開催された富士通フォーラムの特別講演から紹介する。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】 連携データベースがクイックナビと勘定集計レスを支える
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
バックナンバー
ザ・プロジェクト一覧へ
関連キーワード

金融 / 銀行 / IT基盤

関連記事

「銀行の常識を打ち破る」―りそな銀行のオペレーション改革を支えるシステム基盤戦略公的資金注入から12年。2015年6月に公的資金の完済を見込み、再生から成長へと経営ステージの転換を図るりそなホールディングス。12年にわたるコスト削減と収益向上の取り組みで根幹をなしたのが、グループを挙げて推進するオペレーション改革プロジェクトだ。この12年間にどんな施策を展開し、それらを支えるためのシステム基盤をどう再生したのか。りそな銀行の常務執行役員オペレーション改革部担当兼システム部担当の白鳥哲也氏が改革の軌跡を明かす。東京都内で2015年5月15日に開催された富士通フォーラムの特別講演から紹介する。

PAGE TOP