[新製品・サービス]

アドバンリンク、豪Yellowfin製BIツールをクラウド/オンプレミス共にサブスクリプション型で提供

2015年5月25日(月)IT Leaders編集部

顧客分析やデータ活用サービスなどを手がけるアドバンリンクは2015年5月22日、豪Yellowfinが開発/販売するBI(Business Intelligence)ツール「Yellowfin」をサブスクリプション型で提供すると発表した。

 アドバンリンクは今回、豪Yellowfin日本法人と販売代理店契約を締結。Yellowfin製品をクラウドサービスとして提供するほか、オンプレミスで利用するユーザーに向けてサブスクリプション型のライセンスモデルを用意する。

 加えて、アドバンリンクの統合CRM(Customer Relationship Management:顧客関係管理)プラットフォームである「CRMstage」と連携させる。顧客分析に加え、広告効果分析やソーシャルメディアの分析などのマーケティング分析機能を強化し、プライベートDMP(Data Management Platform)製品としての機能の拡充を図る。

 Yellowfinは、データ分析やレポーティングに加え、レポートの開発やシステムの管理までをすべてWebベースで作業できるBI(Business Intelligence)ツール。レポート/ダッシュボード機能のほか、モバイル端末からの利用にも対応している。グラフや分析結果を他のアプリケーションに組み込むこともできる。

 Yellowfinの料金は、クラウドサービスの場合が月額5万5000円(5利用者)から、オンプレミスは月額2万5000円(同)からになる。

関連記事

アドバンリンク、豪Yellowfin製BIツールをクラウド/オンプレミス共にサブスクリプション型で提供顧客分析やデータ活用サービスなどを手がけるアドバンリンクは2015年5月22日、豪Yellowfinが開発/販売するBI(Business Intelligence)ツール「Yellowfin」をサブスクリプション型で提供すると発表した。

PAGE TOP