[新製品・サービス]

日立、フェデレーテッドクラウドを構築するサービス群を提供

2015年5月29日(金)IT Leaders編集部

日立製作所は2015年5月28日、プライベートクラウドやマネージドクラウドなど複数のクラウドを組み合わせたて統合的に利用する「フェデレーテッドクラウド」を構築するためのサービス群を5月29日から順次提供すると発表した。フェデレーテッドクラウドを使ったシステムの企画から構築・運用、セキュリティまでのライフサイクル全体を対象にしている。

 新たに提供するサービス群には、「クラウドコンサルティング」「フェデレーテッドポータル」「フェデレーテッドクラウド監視」「クラウドセキュリティ」などのサービスがある。

 クラウドコンサルティングでは、ニーズに応じて複数クラウドの適切な組み合わせを提案する。サービスのメニュー化を図ると同時に、同社のクラウド導入支援ノウハウをパターン化したテンプレートを拡充し提供する。プライベートクラウドのほか、日立が提供するマネージドクラウド、AWS(Amazon Web Services)やMicrosoft Azureといったパブリッククラウドなどの使い分けなど、クラウドの利用策の立案を通じて、フェデレーテッドクラウドの構築を支援する。

 フェデレーテッドポータルは、複数のクラウドに配置した種々の業務システムを一元的に運用管理するためのもの。各クラウドで動作している仮想マシンなどの基盤情報を、1つの管理ポータルから共通の操作で表示・管理することで、システム単位での一元管理を可能にする。

 フェデレーテッドクラウド監視は、業務アプリケーション群を効率的に管理するためのもの。業務システムのアラート情報を単一画面上で監視できるようにする。クラウド環境での自動拡張や、動的なIPアドレスの変更にも対応する。

 セキュリティでは、Webアクセスやサーバー保護などの機能をメニュー化して提供する。入口・出口対策や、内部対策などの包括的な多層防御を目的に合わせて構築する。同社のセキュリティアナリストが、アクセスログの収集や相関分析などを実施するほか、24時間365日体制で監視し、不正アタックなどを検知・防御する。

 フェデレーテッドクラウドのためのサービス群の料金は、フェデレーテッドポータルが月額1万円(税別、以下同様)から、コンサルティングは600万円からなどである。

関連記事

日立、フェデレーテッドクラウドを構築するサービス群を提供日立製作所は2015年5月28日、プライベートクラウドやマネージドクラウドなど複数のクラウドを組み合わせたて統合的に利用する「フェデレーテッドクラウド」を構築するためのサービス群を5月29日から順次提供すると発表した。フェデレーテッドクラウドを使ったシステムの企画から構築・運用、セキュリティまでのライフサイクル全体を対象にしている。

PAGE TOP