[インタビュー]

米ガートナーに聞くシステム運用の未来像、カギはValueOpsとBusiness Value Dashboard

2015年6月3日(水)田口 潤(IT Leaders編集部)

クラウドによってIT基盤の構築は大幅に楽になり、例えばシステム運用の負担は激減する、構築や運用管理に関わるコストも大幅に低減できる…。クラウドの利点が語られる時、こういった類の話は多い。ITインフラやその運用を担う責任者や担当者からすれば、気になるところだろう。極論すればシステム運用は不要になる、そうでなくても業務内容は大幅に変わることを意味するからだ。

 実際のところはどうなのか? 米ガートナーでIT運用管理のリサーチを担当するジェフ・ブルックス氏(マネージング・バイスプレジデント)に、それを含めた「デジタルビジネス時代のIT運用管理の最前線」を聞いた。同氏は「ITの役割が変わる中で、ITインフラ構築や運用管理チーム(以下、I&O=Infrastructure&Operations)が変革を迫られているのは事実。しかし運用管理チームが不要になるとか、そういった話ではない。ITを通してビジネスをどう良くするかを考える時、役割はむしろ重く大きくなる」と語る。以下、Q&A形式で同氏の考えをお届けしよう。

ValueOps、BVDとは何か?

──最初にシステムの運用管理技術に関わる技術トレンドを聞きます。下図はブルックスさんが講演で示したハイプサイクルですが、この中で例えば「ValueOps」や「Business Value Dashboard (BVD)」は聞いたことがありません。それぞれ、何を指すのでしょうか?

図1 ITオペレーション管理のハイプサイクル(出典:ガートナー)
拡大画像表示

ブルックス氏:ガートナーは「Bimodal IT(2つの流儀のIT)」を提唱していますが、知っていますか。

──企業のITには既存の業務プロセスをシステム化するモード1と、存在しないサービスをITで実現するモード2という2つがあるという考え方のことですね。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】I&Oは利用部門を先回りして自らITを生かすべき
  • 1
  • 2
関連記事

米ガートナーに聞くシステム運用の未来像、カギはValueOpsとBusiness Value DashboardクラウドによってIT基盤の構築は大幅に楽になり、例えばシステム運用の負担は激減する、構築や運用管理に関わるコストも大幅に低減できる…。クラウドの利点が語られる時、こういった類の話は多い。ITインフラやその運用を担う責任者や担当者からすれば、気になるところだろう。極論すればシステム運用は不要になる、そうでなくても業務内容は大幅に変わることを意味するからだ。

PAGE TOP