[新製品・サービス]

テラスカイ、AWSを利用するためのコンサルや移行サービスを開始

2015年6月3日(水)IT Leaders編集部

システム連携サービスなどを手がけるテラスカイは2015年6月2日、AWS(Amazon Web Services)を利用したい企業を対象にしたコンサルティングや移行支援サービスを開始したと発表した。複数のサービスをパッケージにすることで、AWS上でのシステム構築/運用までの期間を短縮する。

 コンサルティングサービスの「AWS活用コンサルティング」は、「アドバイザリーサービス for AWS」と「アプリ構築支援サービス」の2つをパッケージ化したもの。AWS導入済みの企業に対し、利用状況の分析やセキュリティ環境を精査することで、セキュリティホールの発見や料金の見直しにつなげる。そのうえでアプリケーションの開発期間の短縮やスケーラブルな設計を支援する。

 移行を支援する「クイックスタートサービス for AWS」は、「簡単お引越しサービス」と「Webお助けサービス」をパッケージ化したもの。AWSへの移行を検討中の企業を対象に、Active Directoryやデータベースなどの移行作業を支援する。そのうえで、Webシステムを構築/運用するためのプロキシーサーバーやWAF(Web Application Firewall)機能などを利用できようにする。

 テラスカイは、両サービスを初年度に20社への提供を目指す。

関連記事

テラスカイ、AWSを利用するためのコンサルや移行サービスを開始システム連携サービスなどを手がけるテラスカイは2015年6月2日、AWS(Amazon Web Services)を利用したい企業を対象にしたコンサルティングや移行支援サービスを開始したと発表した。複数のサービスをパッケージにすることで、AWS上でのシステム構築/運用までの期間を短縮する。

PAGE TOP