[新製品・サービス]

日立システムズ、制御システムを対象にしたセキュリティ製品を今夏に発売

2015年6月9日(火)IT Leaders編集部

日立システムズは2015年6月8日、電力やガス、水道、鉄道などの社会インフラや、プラントや工場の製造ラインなどで利用されている制御システムに特化したセキュリティ対策商品2種を2015年夏に発売すると発表した。

 新たに発売するのは、制御システム機器の開発者に向けたぜい弱性診断(ファジング)ツールの「Raven ES」と、制御システムの運用者向けマルウェア対策ソフトウェアの「制御向けyarai」の2つ。いずれもセキュリティ特化の開発会社FFRIとの協業で製品化した。

 Raven ESは、FFRIの組み込み機器向けぜい弱性検査ツール「FFR Raven」をベースにしたソフトウェア。ライセンス販売に加え、同ソフトを活用したぜい弱性診断サービスも提供する。制御機器のセキュリティ保証に関する国際認証制度「EDSA認証」で規定されたセキュリティ検査を実施できるツールとして認証を取得している。

 制御向けyaraiは、情報システム向けのサイバー攻撃対策用ソフトウェア「FFR yarai」を制御システム向けにカスタマイズしたもの。FFR yaraiの機能に加え、予め登録したプログラムのみ動作を許可できるホワイトリスト機能を持つ。制御システムは障害発生時の影響が大きく、セキュリティパッチ(修正プログラム)を容易には適用できないことに対応した。

 日立システムズは、制御システムを対象にしたセキュリティ対策サービスを「SHIELD 制御システム向けセキュリティ」として体系化し、2014年10月から提供してきた。これまではファイアウォールなど情報制御ネットワーク中心だったが、今後は、制御システムの特性に対応したサービスを順次拡充・提供していく計画だ。2018年度末までに累計で約8億円の販売を目指すという。

関連記事

日立システムズ、制御システムを対象にしたセキュリティ製品を今夏に発売日立システムズは2015年6月8日、電力やガス、水道、鉄道などの社会インフラや、プラントや工場の製造ラインなどで利用されている制御システムに特化したセキュリティ対策商品2種を2015年夏に発売すると発表した。

PAGE TOP