[新製品・サービス]

富士通、IoTデータを活用するための基盤サービスを発売

2015年6月11日(木)IT Leaders編集部

富士通は2015年6月10日、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)関連データを活用するための基盤をパブリッククラウド上に構築するサービス「FUJITSU Cloud IoT Platform」を発売したと発表した。各種のセンサーデータをリアルタイムに、効率よく利用するための機能を実現する。

 FUJITSU Cloud IoT Platformは、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)関連のセンサーデータなどの、収集から蓄積、分析までの一連の流れを処理するための基盤機能を提供するクラウドサービス。富士通研究所が開発した、「分散サービス基盤技術」を組み込むことで、データ処理を動的に分散しデータ量が急変する環境でも、従来の数十分の1のコンピューティングリソースで、センサーデータをリアルタイム処理する。

 クラウド側に集中管理機構を構築し、専用アプリケーションを組み込んだゲートウェイからネットワークの監視情報を受け取り、データ処理の最適配置を動的に変更する。自社製品に加え、インテル製の IoT(Internet of Things:モノのインターネット)ゲートウェイなど、パートナー企業のゲートウェイや各種スマートデバイスに順次対応していく。

 様々なセンサーやデバイスを接続するために、従来のHTTP - REST(Representational State Transfer:Web APIの形式)に加え、通信負荷や電力消費が少ないIoT向けの軽量プロトコル「MQTT」に標準対応した。センサーの追加や構成変更などにも容易に対応できる。

 収集データを複数企業が安全に利用できるように、専用ダッシュボードから、センサーデータへのアクセス権限をレコード単位に設定できる。ディスク単位やファイル単位よりも細かなデータ管理により、セキュリティを確保しつつ、ビジネス形態に応じたデータ活用を可能にする。

 IoT用のウェアラブル機器などを開発するための「FUJITSU IoT Solution UBIQUITOUSWARE」のコアモジュールや、各種ミドルウェアとの連携機能を2015年度中に提供する予定。UBIQUITOUSWAREによる機器/デバイスからのデータを解析し、人の状態や位置情報などをアップロードしたり、トラフィックとシステム構成を最適化を図ったができる。

 IoT Platformの料金は、初期費用が5万円(税別、以下同様)、月額利用料が5万円から。8月3日から提供する。

関連記事

富士通、IoTデータを活用するための基盤サービスを発売富士通は2015年6月10日、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)関連データを活用するための基盤をパブリッククラウド上に構築するサービス「FUJITSU Cloud IoT Platform」を発売したと発表した。各種のセンサーデータをリアルタイムに、効率よく利用するための機能を実現する。

PAGE TOP