[事例ニュース]

ファーストリテイリング、デジタル時代の消費者志向ビジネスへの大転換を宣言

2015年6月16日(火)杉田 悟(IT Leaders編集部)

ファーストリテイリングは2015年6月15日、アクセンチュアと協業し、デジタルを活用した顧客志向のビジネスモデルへ転換を図っていくと発表した。会見に登壇した柳井正会長兼社長は、「バーチャルとリアルの結合により、従来の小売りの枠を超えた新しい産業をつくる」というビジョンを語った。ファーストリテイリングのシステム開発に15年間にわたって携わってきたアクセンチュアが、これを全面的に支援する。具体的なサービス内容については、これから両社で詰めていく。

ファーストリテイリング柳井 正 会長兼社長(左)とアクセンチュアの ジャンフランコ・カサーティ成長市場担当グループ・チーフ・エグゼクティブファーストリテイリング柳井 正 会長兼社長(左)とアクセンチュアの ジャンフランコ・カサーティ成長市場担当グループ・チーフ・エグゼクティブ

 ファーストリテイリングの柳井 正 会長兼社長は、今回の協業で生まれてくるであろう新しいサービスやソリューションについて、「新たなユーザー体験を与えられるものになる」と説明している。具体的なサービス内容については話し合いを進めている段階。現時点では「ユーザー中心のエコシステムの構築」「社内プロセスの転換」というビジョンと、「全顧客の会員化」「情報システムの内製化」という具体的な2つの方針を示すにとどまっている。

 ユーザー中心のエコシステム構築の核になるのが、各店舗の顧客の会員化であり、それによる顧客データベースの整備だ。同社は現在、ユニクロなど全世界に3000店舗を展開しているが、顧客管理は実施しておらず、「顧客の顔が見えない」状態になっている。

 これに対し、好調が伝えられるEコマースにおいては、顧客データベースを整備済みでユーザーの嗜好に合わせた製品の提案や開発が可能になっている。店舗を訪れる顧客に対しても、Eコマース同様のアプローチを取れるようにする。

 一方の社内プロセスについては、デジタル化を進めることで商品の開発から生産、物流、マーケティング、店舗、販売、リサイクルまでを一気通貫で行えるシステムを構築する。同時に全スタッフによる「情報の即時共有」を可能にする。

 並行して、社内のIT組織にも手を入れる。「組織の変革と強化」を掲げ、「ITエンジニアの内製化」を目的にIT人材の採用と育成を強化する。具体的に求める人材像は、「ビッグデータを活用できる」「クラウドネイティブなシステムを開発・運用できる」「業務改革のためのBPR(ビジネス・プロセス・リエンジニアリング)のノウハウを持つ」である。クラウドネイティブなエンジニアに関しては、Webエンジニアやモバイルコンテンツのエンジニアなどを広く求めていく。

 協業先のアクセンチュアは、15年間にわたってファーストリテイリングの業務システム開発に携わっており、業務知識を蓄積している。今後は様々なIT技術を駆使して、業務オペレーションやIT基盤の構築支援およびノウハウを提供する。IT人材の採用・育成については、「グローバル企業であるアクセンチュアの世界中の知見を集約して支援に当たる」(アクセンチュア江川昌史副社長)としている。

 協業の成果として、2015年の秋冬シーズンから、顧客情報のデータベース化や、ユーザーの買い回りの利便性を高めるための複数のサービスをリリースする予定だ。

関連記事

ファーストリテイリング、デジタル時代の消費者志向ビジネスへの大転換を宣言ファーストリテイリングは2015年6月15日、アクセンチュアと協業し、デジタルを活用した顧客志向のビジネスモデルへ転換を図っていくと発表した。会見に登壇した柳井正会長兼社長は、「バーチャルとリアルの結合により、従来の小売りの枠を超えた新しい産業をつくる」というビジョンを語った。ファーストリテイリングのシステム開発に15年間にわたって携わってきたアクセンチュアが、これを全面的に支援する。具体的なサービス内容については、これから両社で詰めていく。

PAGE TOP