[新製品・サービス]

米EMC日本法人、データサービス基盤「VMAX3」を機能強化

2015年6月23日(火)IT Leaders編集部

米EMCの日本法人は2015年6月22日、機能強化したデータサービス基盤「EMC VMAX3」の提供開始を発表した。データセンター全体を通じてストレージを自動的に階層化できる「FAST.X」により、エンタープライズデータサービスを複数の基盤に拡張できる。

 機能強化したEMC VMAX3では、ソフトウェアベースのデータサービスと基盤になっているハードウェアを分離することで、ローカル/リモートの複製やストレージ階層化といった機能を他のストレージ基盤に拡張できるようにした。サービスレベル目標に基づき、個々のワークロードに合わせて、複数のストレージ装置が混在する大規模ストレージ環境の最適化を図る。

 データサービスと機能の拡張により、ミッションクリティカルなIT環境の自動化・統合・保護に対応する。FAST.Xを用いて、データセンターをまたいだストレージ環境も自動的に階層化して管理する。ストレージ環境の管理ソフトウェア「EMC ViPR Controller」やフラッシュストレージ「EMC XtremIO」との統合を実現した。

 クラウドストレージ「EMC CloudArray」と統合すれば、アクティブなワークロードをクラウドに移動しコスト効率を高められる。最大40%削減するとともに、拡張性に優れたバックアップ容量を確保できる。2015年内には、強化した「SRDF/Metro」機能を提供し無停止のデータアクセスとリソースバランスを実現するアクティブ/アクティブの高可用性環境の構築を可能にする。

 VMAX3の価格は個別見積もり。XtremIOに対応したFAST.Xは2015年第2四半期から、SRDF/MetroとFAST.XによるCloudArrayおよび他社ストレージへの対応は2015年内に、それぞれリリースする予定。

関連記事

米EMC日本法人、データサービス基盤「VMAX3」を機能強化米EMCの日本法人は2015年6月22日、機能強化したデータサービス基盤「EMC VMAX3」の提供開始を発表した。データセンター全体を通じてストレージを自動的に階層化できる「FAST.X」により、エンタープライズデータサービスを複数の基盤に拡張できる。

PAGE TOP