[Gartner's Voice]

百花繚乱のBIツール、最新事情を知るための5つのQ&A

2015年6月25日(木)田口 潤(IT Leaders編集部)

企業内外で発生する様々なデータを分析し、有意な何かを見いだすことの重要性は論を要しない。BI(Business Intelligence)ツールはそのためにある。だが、様々な製品が存在し、その形容詞も「アジャイルBI」や「データディスカバリー」「セルフサービスBI」など多様で、BIツール自体の分析が必要なほどだ。どう整理すればいいのか、米ガートナーの専門家の意見をQ&A形式で紹介する。

 業務アプリケーション領域のソフトウェアで最も多彩なジャンルの1つがBI(Business Intelligence)ツールだろう。ざっと挙げただけでもTableau、QlikView、Domo、Spotfire、SAP Lumira、PowerBI、Endeca、Pentaho、Yellowfin、MicroStrategy、SAS Visual AnalyticsやJMP、Cognos、BusinessObjectsなどがある。日本のDr.sumや、ひと味違うIBMのWatson Analyticsもある(図1)。

図1:様々な種類があるBI(Business Intelligence)ツール製品(出所:米ガートナー)図1:様々な種類があるBI(Business Intelligence)ツール製品(出所:米ガートナー)
拡大画像表示

 これらの製品のベンダーから聞こえてくるのは、「アジャイルBI」や「データディスカバリー」「セルフサービスBI」「ビジネスアナリティックス」といった言葉。「インタラクティブBI」という表現もある。一体、何がどう違うのか、1つのツールで多くをカバーするのか、それとも使い分けが求められるのか、BIツールを巡る言葉や概念は分かりやすいとは言えない。

 一方で「Data Driven Business(データがビジネスを駆動する)」と言われる昨今、BIに関わる概念を整理・理解することは重要になる一方だ。「Excelで十分」といった考え方もあるにせよ、様々なツールが存在する事実そのものが「Excelでは不十分」であることを示しているからである。そこでBIとアナリティックスの専門家である米ガートナーのCindi Howson氏(リサーチ部門バイスプレジデント)に、5つの観点からBIツールに関する最新事情を聞いた。

Q1 アジャイルBI、データディスカバリー、アナリティックスなど、データの活用に関する様々な用語がある。これらは、きちんと定義され、使い分けられているのか。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】データディスカバリーが相対的に上位概念
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
Gartner's Voice一覧へ
関連記事

百花繚乱のBIツール、最新事情を知るための5つのQ&A企業内外で発生する様々なデータを分析し、有意な何かを見いだすことの重要性は論を要しない。BI(Business Intelligence)ツールはそのためにある。だが、様々な製品が存在し、その形容詞も「アジャイルBI」や「データディスカバリー」「セルフサービスBI」など多様で、BIツール自体の分析が必要なほどだ。どう整理すればいいのか、米ガートナーの専門家の意見をQ&A形式で紹介する。

PAGE TOP