プラットフォーム プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

米VCE日本法人、拡張性高めたラック型コンバージドシステムを投入

2015年6月26日(金)IT Leaders編集部

米EMCと米Cisco Systemsの合弁事業である米VCEの日本法人は2015年6月25日、大規模なインフラ構築に対応したラック型のコンバージド(統合型)システム「VCE VxRack」を2015年第3四半期から提供すると発表した。

 VCE VxRackは、工場でハードウェアやソフトウェアの統合から、テスト、検証までを済ませたラック型のシステム。小規模構成から導入を始め、千台以上のサーバーシステム、ストレージ容量は数十PBクラスにまで拡張できる。

 そのために、EMCが提供するストレージのネットワーキング機能「EMC ScaleIO」を採用。サーバー拡張とストレージを分離しながら、千台規模への拡張を可能にしている。

 VCEはこれまで、統合するコンポーネントを一意に決めた「コンバージドシステム」を提供していた。VxRackでは、構成するハード/ソフトウェアスタックを選択できるようにし、EMCグループやCisco製品に限らず、パートナー企業などが提供する種々のテクノロジーの統合にも対応する。選択肢があることを「ハイパーコンバージドシステム」と呼んでいる。

 標準的な構成は、ScaleIOと、Ciscoのラック型スイッチ「Nexus」を搭載。ハイパーバイザーとしてVMware vSphereやKVMのほか、ベアメタルも選択できる。VMware仮想環境に最適化したモデルは、VMwareの「EVO:RACK」テクノロジーと「Virtual SAN」がベースになる。管理/オーケストレーション用のスイートソフトウェア「VMware vRealize」をオプションで用意する。

 VxRackシステムの価格は個別見積もり。コンポーネントレベルのアップデート、ライフサイクル保証、一元サポートを提供する。

関連記事

米VCE日本法人、拡張性高めたラック型コンバージドシステムを投入米EMCと米Cisco Systemsの合弁事業である米VCEの日本法人は2015年6月25日、大規模なインフラ構築に対応したラック型のコンバージド(統合型)システム「VCE VxRack」を2015年第3四半期から提供すると発表した。

PAGE TOP