リスクマネジメント リスクマネジメント記事一覧へ

[新製品・サービス]

富士ゼロックス、シマンテックと連携しクラウド型エンドポイントセキュリティを提供

2015年7月7日(火)IT Leaders編集部

富士ゼロックスは2015年7月6日、中堅・中小企業を対象に、クラウド型のエンドポイント(末端端末)セキュリティサービスの提供を始めたと発表した。シマンテックのセキュリティサービス「Symantec Endpoint Protection Small Business Edition 2013」を利用し、PCやサーバーなどを脅威から保護する。

 新たに開始した「オフィスあんしんセキュリティーサービス」は、セキュリティのための複数の機能をまとめ、その導入から立ち上げ、問い合わせサポート、障害切り分けなどの運用サービスとともに提供するもの。 セキュリティ管理用のサーバーをクラウド上で運用するため、サーバーの設置費用や運用管理などが不要になる。

 セキュリティ関連機能としては、ウイルス/スパイウェア対策機能のほか、ファイアウォール、IPS(Intrusion Prevention System:不正侵入検知・防御)、挙動分析、アプリケーション評価などの機能を用意する。

 挙動分析では、様々なプログラムの挙動をリアルタイムで監視し、怪しい挙動が発生した時点でブロックする。1400ある不正挙動のパターンと照合する。アプリケーション評価では、シマンテックが収集しているファイルやアプリケーションの情報を基に、利用者や端末への影響度などを踏まえて客観的に評価する。従来の検出技術と連携することで未知の脅威も検出する。

 脆弱性の保護では、サイバー攻撃の経路として利用されるアプリケーションの脆弱性に対して、多数の脆弱性対策用シグネチャを利用して不正行為を抑止。Webレピュテーションでは、ユーザーがアクセスするWebサイトの安全性をチェックし、危険なサイトや偽物と判断した場合にはアクセスを遮断する。

 オフィスあんしんセキュリティーサービスの料金は、1ライセンス当たり、「通常ライセンス」が5〜25ライセンスの場合で月額330円(税別、以下同様)、101〜250ライセンスの場合は月額250円など。「公共・文教ライセンス」は5〜250ライセンスの場合で月額250円。ライセンス数の契約は5〜100は5ライセンス単位、101〜250は10ライセンス単位、251ライセンス以上は個別対応になる。日本国内で5年間に20万ライセンスの販売を目標にする。

関連記事

富士ゼロックス、シマンテックと連携しクラウド型エンドポイントセキュリティを提供富士ゼロックスは2015年7月6日、中堅・中小企業を対象に、クラウド型のエンドポイント(末端端末)セキュリティサービスの提供を始めたと発表した。シマンテックのセキュリティサービス「Symantec Endpoint Protection Small Business Edition 2013」を利用し、PCやサーバーなどを脅威から保護する。

PAGE TOP