プラットフォーム プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

NEC、プライベートIaaSを構築するための垂直統合機を発売

2015年7月8日(水)IT Leaders編集部

NECは2015年7月7日、垂直統合型システム「NEC Solution Platforms」において仮想化やクラウドサービスの基盤となる「Cloud Platform Suite(CPS) R5」を発売したと発表した。仮想基盤サーバーや仮想化ソフトウェアなどの組み合せパターンを22種から選択できる。

 「Cloud Platform Suite(CPS) R5」は、ハードウェアとソフトウェアを組み合せた垂直統合機。、NECが事前に設計・検証・構築したうえで、ドキュメントと共に提供する。大容量ストレージを持たず仮想基盤サーバー単体として導入できる「ライトパッケージ」もある。今後も選択可能な仮想基盤サーバーやストレージなどを拡充し、組み合せパターンを増やしていく。

 NECのクラウド基盤サービス「NEC Cloud IaaS」と併用する場合は、同サービスのセルフサービスポータルから一元的に監視でき、ハイブリッドクラウド環境を効率的に管理できる。

 CPS R5は、利用部門が使用する管理画面「セルフサービスポータル」を搭載する。仮想マシンの申請や電源操作といった日常的な運用業務を利用部門が直接実施できる。利用部門の利便性を高めながら、管理部門の運用負荷を軽減できる。ITリソースの使用状況を視覚的に表示することで、仮想マシンの追加/削除などのリソース管理を容易にしている。

 CPS R5の価格は、「エンタープライズパッケージ」が3860万円(税別、以下同様)から、「ベーシックパッケージ」が1300万円から、ライトパッケージが220万円から。2015年8月下旬から出荷を開始する。

関連記事

NEC、プライベートIaaSを構築するための垂直統合機を発売NECは2015年7月7日、垂直統合型システム「NEC Solution Platforms」において仮想化やクラウドサービスの基盤となる「Cloud Platform Suite(CPS) R5」を発売したと発表した。仮想基盤サーバーや仮想化ソフトウェアなどの組み合せパターンを22種から選択できる。

PAGE TOP