CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[経営とITを結ぶビジネスアナリシス〜BABOK V3の基礎知識〜]

【第1回】ビジネスアナリスト抜きに企業は成長できない

2015年7月10日(金)清水 千博(IIBA日本支部BABOK担当理事) 新冨 啓明(IIBA日本支部マーケティング/プロモーション担当理事)

業務とITシステムに対する要求を引き出し、それらを分析して解決策を考える--。そうした活動を進めるための知識体系において、国際標準に位置づけられるのが「BABOK(Business Analysis Body Of Knowledge)Guide」である。2015年4月に、最新バージョンとなる「BABOK Guide V3」が発表された。従来版のV2が発行された2009年から6年振りとなる大改訂だ。まずは、今回の改訂の背景と意味を説明する。

 BABOK(Business Analysis Body Of Knowledge)は、業務からITシステムまで、経営あるいは事業現場の課題を解決に向けて実施しなければならない幅広い活動を対象とした知識体系である。日本では馴染みが薄い「ビジネスアナリスト(BA:Business Analyst)」と呼ばれる専門職種にとどまらず、業務改革やシステムの開発・保守に携わる誰もが身につけておくべき考え方やスキルの集大成だ。

 読者のみなさんも、業務システムの構築や改善においては、「業務内容は元より、ITシステムについても、より幅広く、より深い知識があれば、もっとビジネスニーズに合致した仕組みを構築できる」という経験があるのではないだろうか。

 例えば、以下のような状況、あるいは課題である。

課題例1:クラウドでITを道具として使えるようになってきたが、ビジネスの目的や価値が十分に明確にできないまま仕事をしている、あるいは、業務部門からの要請のままにシステムを開発している。だが、そもそもビジネスの目的との関連が明確になっていない。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】プロジェクトへのビジネスアナリストの参画は常識
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
バックナンバー
経営とITを結ぶビジネスアナリシス〜BABOK V3の基礎知識〜一覧へ
関連記事

【第1回】ビジネスアナリスト抜きに企業は成長できない業務とITシステムに対する要求を引き出し、それらを分析して解決策を考える--。そうした活動を進めるための知識体系において、国際標準に位置づけられるのが「BABOK(Business Analysis Body Of Knowledge)Guide」である。2015年4月に、最新バージョンとなる「BABOK Guide V3」が発表された。従来版のV2が発行された2009年から6年振りとなる大改訂だ。まずは、今回の改訂の背景と意味を説明する。

PAGE TOP