CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[飛び出せ!IT部門]

あなたが今、踏み出すべき一歩を考える

【第2回】

2015年7月15日(水)加藤 克則(アビームコンサルティング) 馬場 雅之(アビームコンサルティング)

前回は、「クラウド」「モバイル」「ビックデータ」などを活用し、競争優位や成長をもたらす「攻めのIT」を推進するIT部門に生まれ変わるために必要な考え方を紹介した。キーワードは『接点強化』と『全体俯瞰』だ。今回は、『接点強化』について、グローバルでIT基盤を整え、先進的な取り組みを実施している大手メーカーの事例を基に、IT部門から見た顧客(ユーザー部門/経営層)とのコミュニケーション強化策を具体的に説明したい。

ユーザー部門・経営層とのコミュニケーションレベルの定義

 あなたの会社のIT部門は、ユーザー部門や経営層と十分にコミュニケーションがとれているだろうか? 自信をもって「十分にコミュニケーションがとれている」と言い切れるIT部門は少ないのが実情だ。

 ITを活用して売上拡大や新サービスの創出をしていくには、ユーザー部門は日々の業務を変革し、経営層はビジネスモデルの転換を決断・支援することが必要不可欠である。IT部門がユーザー部門や経営層を巻き込み一体となって活動するためには、IT部門のメンバーが考えている以上にユーザー部門や経営層との「コミュニケーション」が鍵となる。

 IT部門の顧客(ユーザー部門・経営層)とのコミュニケーションレベルを5段階で示したのが下の図だ。IT部門は、『接点強化』、すなわち、「コミュニケーションレベルの向上」を図っていく必要がある。

図 5段階のコミュニケーションレベルの定義とステップアップのアプローチ
拡大画像表示
  • レベル1【受け身】…IT部門は、障害やサービス要求などのインシデントなど、すべてユーザー部門から連絡を受けて対応する状況
  • レベル2【御用聞き】…IT部門が自ら現場を回って、課題や要望を積極的に集めてくる状況
  • レベル3【提案型】…IT部門がビジネス課題を主体的に見つけ、解決策を提案している状況
  • レベル4【チーム型】…IT部門とユーザー部門が一体となり、ビジネス課題を解決している状況
  • レベル5【ビジネスリード】…経営層やユーザー部門(現場)を巻き込んで、ビジネスモデルの転換・創出を推進している状況

次のステージに向かうためのアプローチ

 では、コミュニケーションレベル別にその課題と、次のステージに向かうために必要な意識や行動をみていこう。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】ユーザー視点の把握、そして脱ITの姿勢を
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
飛び出せ!IT部門一覧へ
関連記事

あなたが今、踏み出すべき一歩を考える前回は、「クラウド」「モバイル」「ビックデータ」などを活用し、競争優位や成長をもたらす「攻めのIT」を推進するIT部門に生まれ変わるために必要な考え方を紹介した。キーワードは『接点強化』と『全体俯瞰』だ。今回は、『接点強化』について、グローバルでIT基盤を整え、先進的な取り組みを実施している大手メーカーの事例を基に、IT部門から見た顧客(ユーザー部門/経営層)とのコミュニケーション強化策を具体的に説明したい。

PAGE TOP