[ザ・プロジェクト]

「デジタルビジネスの奔流に立ち向かう」コニカミノルタが挑む"業態転換"

2015年7月13日(月)田口 潤(IT Leaders編集部)

製造業からソリューション企業への転換を急ぐコニカミノルタ。その山名昌衛社長が、高度情報通信人材育成支援センターがこのほど、「デジタルビジネスイノベーション研究所(仮称)」の2016春設立に向けて開催したシンポジウムの基調講演に登壇した。コニカミノルタは何に取り組んでいるのか。同シンポジウムでの山名氏の講演から紹介する。

図1:基調講演に登壇したコニカミノルタの山名昌衛社長図1:基調講演に登壇したコニカミノルタの山名昌衛社長
拡大画像表示

 コニカミノルタは今、複合機や印刷機などのメーカーから顧客の様々な問題を解決する高付加価値型のソリューション企業に変身中である。『トランスフォームで創造的な破壊を』と題して同社の山名昌衛社長が話した取り組みには、「デジタルビジネス」に対する問題意識が凝縮されている(図1)。

業態転換に向け、異業種企業を相次ぎ買収

 「先月末、米ニューヨークで(配車サービス)Uberを利用する機会がありました。事前に見積もりが来るし、車種を選べる。乗車後はレビューもできます。(イエローキャブが走り回る)ニューヨークであんな経験は初めて」−−。今やデジタルビジネスの寵児であるUberの話題で山名社長は口火を切った。

 コニカミノルタは企業向けに複写機や複合機、印刷会社向けに印刷機をそれぞれ販売している。その活用を顧客任せにせず、サービスとして受託する体制に転換している。その一例が、英国のCharterhouseの2012年11月の買収。「この会社はBMWやコカコーラ、ユニリーバなどの企業に入り込み、マーケティング部門に常駐。印刷物やデジタルコンテンツの制作をワンストップで引き受けています」(山名社長)。2014年6月には同じ事業を行う豪Ergoを買収し、欧州だけでなく、アジア地域に拡大した。

 それまでのメーカーという業態からすると、これだけでも思い切った事業展開だが、それで満足したわけではない。「発注者から見てコスト削減やワンストップサービスを提供できるようになりました。しかし付加価値が高いとは言えません。そこで次に(2014年12月にCharterhouseを介して)英Indiciaを買収しました」。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】ITサービス企業を40社以上買収
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
バックナンバー
ザ・プロジェクト一覧へ
関連記事

「デジタルビジネスの奔流に立ち向かう」コニカミノルタが挑む"業態転換"製造業からソリューション企業への転換を急ぐコニカミノルタ。その山名昌衛社長が、高度情報通信人材育成支援センターがこのほど、「デジタルビジネスイノベーション研究所(仮称)」の2016春設立に向けて開催したシンポジウムの基調講演に登壇した。コニカミノルタは何に取り組んでいるのか。同シンポジウムでの山名氏の講演から紹介する。

PAGE TOP