CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[CIOのための「IT未来予測」将来を見据え、目前のITを評価せよ]

【第21回】IoTが求めるクラウドの進化とフォグコンピューティング

2015年7月21日(火)大和 敏彦(ITi代表取締役)

前々回、前回と、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)と、ものづくりにおけるICTの応用について考えてきた。今回は、そうした動きを支えるクラウドそのものに関するトピックスを基に、クラウドが今後、どのように変化していくのかを考えてみたい。

 2015年5月、クラウドのセキュリティを考える業界団体である米CSA(Cloud Security Alliance)が開いたカンファレンス「CSA Japan Summit 2015」において、CSAのファウンダーでありCEOのJim Reavis氏は『Cloud Today、Cloud Tomorrow』と題した講演で、2020年のクラウドを取り巻く環境を次のように予測した。

 「2020年には、最先端の企業は業務のすべてをクラウドで実現しており、主要な企業でもクラウドが主流を占めていると予測される。すなわち“Cloud First”から“Cloud Native”への移行が進み、クラウドが企業インフラのベースとして定着している」

 同時に、そうした環境においては、パブリッククラウドやBYOD(Bring Your Own Device:私物デバイスの業務利用)の活用で大多数のエンドポイントが企業のコントロール外になり、セキュリティ面での脆弱性が問題になることも指摘している。これに対する対策として同カンファレンスでは、「仮想プライベートクラウドの検討が進んでいる」との報告もあった。

 仮想プライベートクラウドとは、ちょうどVPN(Virtual Private Network:仮想私設網)が一般に共有されているネットワーク内に、仮想的な占有ネットワークを構築するように、パブリッククラウド内に認証と複数レベルの暗号化を使うことで仮想的に占有するクラウドである。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】AWSのコスト構造は日本のDCとは大きく異なる
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
CIOのための「IT未来予測」将来を見据え、目前のITを評価せよ一覧へ
関連記事

【第21回】IoTが求めるクラウドの進化とフォグコンピューティング前々回、前回と、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)と、ものづくりにおけるICTの応用について考えてきた。今回は、そうした動きを支えるクラウドそのものに関するトピックスを基に、クラウドが今後、どのように変化していくのかを考えてみたい。

PAGE TOP