[中国電脳事情]

【中国電脳事情セレクション】野放し状態だったインターネット金融に「基本法」制定へ、ほか

2015年7月27日(月)IT Leaders編集部

中国メディア各社の報道から、IT関連の最新動向を紹介する「中国電脳事情」。1カ月間に報じられた主要なニュースから重要なものをピックアップしてお伝えする。

野放し状態だったインターネット金融に「基本法」制定へ

─新華社(2015年7月20日)

 中国人民銀行(日本の日本銀行に相当)、工業・情報化省、財政省など10の政府機関が連名で「インターネット金融の健康的発展に関する指導意見」を公布した。同意見書は、中国で初めてインターネット金融の概念を明確化し、業態ごとの監督部門を明確にするもので、業界からは「中国インターネット金融の基本法」と呼ばれている。これまで、中国のインターネット金融には「規制なし、規則なし、監督なし」の野放し状態であるとの表現が目立ったが、ついに規制法令が整備されたかたちだ。

 同意見書では、中央政府の政策的見地から初めてインターネットに依拠した金融業のイノベーションを「肯定」したうえで、行政サービス、税務、法律などによる「支援」と「推奨」を明記する内容となっている。

 中央財経大学金融法研究所所長の黄震氏は同意見書について、少なくとも2つの新たな実現があったと指摘した。1つは初めてインターネット金融の定義と境界を系統的に陳述したことであり、もう1つは初めて「管理」と「監督」を系統的かつ明確に分離したことである。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】中国政府、通信事業者にパケット通信料の30%値下げを指示
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
中国電脳事情一覧へ
関連キーワード

中国 / アジア

関連記事

【中国電脳事情セレクション】野放し状態だったインターネット金融に「基本法」制定へ、ほか中国メディア各社の報道から、IT関連の最新動向を紹介する「中国電脳事情」。1カ月間に報じられた主要なニュースから重要なものをピックアップしてお伝えする。

PAGE TOP