データセンター データセンター記事一覧へ

[イベントレポート]

グリーン・グリッド会議で語られた、アジアのデータセンター最新動向

2015年7月31日(金)柏木 恵子

2015年7月16日、東京都内で7回目となるグリーン・グリッド・フォーラムが開催された。今回掲げられたテーマは「アジアと日本のデータセンター最新動向」ということで、中国やアジア各国・地域の市場動向をメインにこの分野の課題と展望が語られた。

グリーン・グリッドの活動状況

 グリーン・グリッド(The Green Grid、本部:米国オレゴン州ビーバートン)のミッションは、「データセンターを取り巻くICTエコシステム全体にわたり、効率的かつ責任ある資源の活用を推進すること」である。日本支部がホスト役となって開催する、7回目のグリーン・グリッド・フォーラムは、冒頭、国内での活動報告から始まった。開幕ステージを務めたのは、シュナイダーエレクトリック フィールドサービス本部長でグリーン・グリッド日本マーケティング委員会 代表の有本一氏(写真1)だ。

写真1:グリーン・グリッド日本マーケティング委員会 代表の有本一氏

 日本支部が行う諸活動の中でも、会員企業から特に評価が高いのがデータセンター見学会だ。通常、1社では見学させてもらえないようなデータセンター施設でも、グリーン・グリッド主催の見学会に参加することで視察が行える。また、活動のメインである技術情報の発信も活発で、直近1年で以下の7本のホワイトペーパーを日本語化している。

  • データセンター設計における電力機器の選定(WP#51)
  • 運用の効率化と信頼性を実現する総合的なアプローチ(WP#52)
  • データセンターのライフサイクルアセスメントガイドライン(WP#45)
  • 最新のフリークーリングマップ 2011年版ASHRAEにおける条件拡大の効果(WP#46)
  • 無停電電源装置(UPS)のエコモードの評価(WP#48)
  • データセンターが環境に与える影響(WP#62)
  • スペース使用効率(SpUE)(WP#61)

 このほか、データセンターのエネルギー効率の改善の取り組みで顕著な成果を上げた企業・団体を表彰し、ベストプラクティスとして広範な層への周知に努めている。ベストプラクティスに加えて、「身近な改善をグッドプラクティスとして広めていきたい」(日本支部)としている。

写真2:グリーン・グリッドプレジデントのロジャー・ティプレイ氏

 続いて、グリーン・グリッド全体の活動報告が、グリーン・グリッドのプレジデント、ロジャー・ティプレイ(Roger Tipley)氏(写真2)からなされた。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】グリーン・グリッド中国の取り組みとスペース効率指標SpUE
  • 1
  • 2
  • 3
関連キーワード

データセンター / 中国 / アジア / 省エネルギー / グリーンIT

関連記事

グリーン・グリッド会議で語られた、アジアのデータセンター最新動向2015年7月16日、東京都内で7回目となるグリーン・グリッド・フォーラムが開催された。今回掲げられたテーマは「アジアと日本のデータセンター最新動向」ということで、中国やアジア各国・地域の市場動向をメインにこの分野の課題と展望が語られた。

PAGE TOP