[データ分析が導く製造業の変革]

【第4回】速度重視型データ分析の対象は人の行動や感情

2015年8月11日(火)本橋智光 山﨑知美

製造業では、研究から企画・製造販売・サポートなど幅広い業務があり、どの業務を対象に、どのようなデータ分析を実施すべきかを十分に検討する必要がある。これまでに、製造業のデータ分析には「精度追求型」と「速度重視型」の2タイプがあること、そして精度追求型のデータ分析について説明してきた。今回は、速度重視型のデータ分析における課題とトレンドを紹介する。

 製造業における企画や販売のプロセスでは、クレーム処理や品質保証などの業務にデータ分析を用いる。例えば自動車業界では、顧客や、部品、製造、販売の各データに加え、VOC(Voice of Customer:顧客の声)やクレーム情報を用いて、故障の原因分析や顧客対応の効率化を図っている。これらのデータ分析では、高い精度を求めることよりも、短期間で結果を得ることを重視する「速度重視型」になることが多い。

人を対象にした分析ではデータが十分にそろわない

 速度重視型のデータ分析に共通する性質として、分析対象に人の行動や感情が含まれるという点がある。クレーム処理や品質保証の場合、顧客が製品をどのように使用した際に故障が発生したのか、顧客が製品のどのような点に不満を感じているのかなど、人の行動や感情が分析対象になる。

 人を対象としたデータ分析では、多くの場合において下記のような点が課題になる。

課題1:人の行動や評価指標の数値化が難しく、分析に必要なデータが揃いにくい
課題2:データソースの1つとしてアンケートなどにより人からデータを収集する場合、バイアスがかかるためデータの信頼性を確保しにくい
課題3:上述の課題1と課題2の結果として、何が要因となって結果に影響を及ぼしているのか、因果関係を導出しにくい

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】データ分析の目的を見失っていないか
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
データ分析が導く製造業の変革一覧へ
関連記事

Special

-PR-

【第4回】速度重視型データ分析の対象は人の行動や感情製造業では、研究から企画・製造販売・サポートなど幅広い業務があり、どの業務を対象に、どのようなデータ分析を実施すべきかを十分に検討する必要がある。これまでに、製造業のデータ分析には「精度追求型」と「速度重視型」の2タイプがあること、そして精度追求型のデータ分析について説明してきた。今回は、速度重視型のデータ分析における課題とトレンドを紹介する。

PAGE TOP