[CIOのための「IT未来予測」将来を見据え、目前のITを評価せよ]

【第22回】IoTが求めるフォグコンピューティングの実際

2015年8月17日(月)大和 敏彦(ITi代表取締役)

IoT(Internet of Things:モノのインターネット)の業務への応用について考えるなかで前回、ネットワークのエッジでデータを処理する必要性が生じ、それに応えようと「フォグコンピューティング」と呼ばれるコンピューティングパラダイムが生まれたことを述べた。今回は、これを強く推進する米Cisco Systemsの発表内容などを基に、ネットワークの進化やフォグコンピューティングの可能性について考えてみたい。

 「フォグ(霧)コンピューティング」を強く推進しているのが米Cisco Systemsである。同社の予測では、2018年までにIoT(Internet of Things:モノのインターネット)によって生成されるデータの40%がフォグコンピューティングによって処理されるという。

ビジョンに続き実現に向けた製品/技術を着々と投入

 Ciscoは、フォグコンピューティングに関するビジョンだけでなく、2014年2月にプラットフォームとしての「Cisco IOx」を、2015年6月にはフォグコンピューティングを応用した新セキュリティ戦略「Security Everywhere」を、さらに同年6月29日には「Cisco IoT システム」を、それぞれ発表している。

 Cisco IOxは、ネットワーク機器をフォグコンピューティングのプラットフォームとしての展開するための基盤ソフトウェアである。ルーターやスイッチなどのネットワーク機器に搭載しているネットワークOS「Cisco IOS(Internet Operating System)」と、Linux OSを統合することで、ネットワーク機器本来の機能に加えて、処理ノードとしての機能を加える。

 ルーターは元々、サーバーが持っていたルーティング機能を専用機器として独立させたもの。しかし、IoTにおける処理の最適化や処理品質の要求から、ネットワーク機器側にサーバーのデータ処理機能をも持たせることで、フォグとクラウド間での処理の最適化を目指す。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】IoTシステムアーキテクチャーは6つのピラーからなる
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
CIOのための「IT未来予測」将来を見据え、目前のITを評価せよ一覧へ
関連記事

【第22回】IoTが求めるフォグコンピューティングの実際IoT(Internet of Things:モノのインターネット)の業務への応用について考えるなかで前回、ネットワークのエッジでデータを処理する必要性が生じ、それに応えようと「フォグコンピューティング」と呼ばれるコンピューティングパラダイムが生まれたことを述べた。今回は、これを強く推進する米Cisco Systemsの発表内容などを基に、ネットワークの進化やフォグコンピューティングの可能性について考えてみたい。

PAGE TOP