[クラウド分解辞典−Amazon Web Services編]

【第5回】用途に合わせてデータベースを選択−Amazon RDS、ElastiCache、DynamoDB、Redshift

2015年8月26日(水)佐々木 大輔(クラスメソッド AWS コンサルティング部 部長/札幌オフィスエリアマネージャ)

第4回では、AWS(Amazon Web Services)のデータストレージサービスを紹介した。Webベースの「Amazon S3」、データアーカイブに適した「Amazon Glacier」、オンプレミス環境のサーバーやEC2とシームレスに接続する「AWS Storage Gateway」、そして最新サービスの「Amazon Elastic File System」である。今回は、AWSが提供する各種データベース関連サービスを紹介する。

 情報システムにおいて、データ管理はとても重要だ。インターネットの急激な普及に伴い、情報システムが抱えるデータ量は爆発的に増加しており、その効率的な管理と利用は大きな課題になっている。例えば、小売業者が運営するECサイトであれば、顧客情報や、購入履歴、在庫情報、リアル店舗情報、広報情報からブログ記事に至るまで、管理しなくてはならない情報は多岐に渡る。

 データをきちんと管理できれば、その活用が可能になる。小売業の例でいえば、顧客ごとの検索履歴を管理することで顧客のニーズを把握し、そのニーズに合わせたセールを企画するといった施策を打つといったことが可能になる。

 情報システムのデータ管理では、データベースを利用することが一般的だ。しかし、データベースの運用には多大な労力がかかる。データベースを構成するサーバーのOSに対しての運用保守も必要だし、パフォーマンスが不足した場合にはハードウェアの増強を検討しなくてはならない。データ量の増加によってストレージ領域が不足すれば、ストレージを追加する。可用性やディザスタリカバリー対策の要件を満たす設計には、熟練の技術者が不可欠である。

 AWS(Amazon Web Services)では、データベースとその関連サービスを、フルマネージド型サービスとして提供される。フルマネージド型とは、サービスとしての機能のみを提供するものだ。ハードウェアの購入や管理が不要で、リソース不足が発生しても簡単な操作でスケールアップできる。OSのアップデートやユーザー管理など、サーバーに関わる運用も不要である。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】RDSは簡単に構築できるリレーショナルDB
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
バックナンバー
クラウド分解辞典−Amazon Web Services編一覧へ
関連記事

Special

-PR-

【第5回】用途に合わせてデータベースを選択−Amazon RDS、ElastiCache、DynamoDB、Redshift第4回では、AWS(Amazon Web Services)のデータストレージサービスを紹介した。Webベースの「Amazon S3」、データアーカイブに適した「Amazon Glacier」、オンプレミス環境のサーバーやEC2とシームレスに接続する「AWS Storage Gateway」、そして最新サービスの「Amazon Elastic File System」である。今回は、AWSが提供する各種データベース関連サービスを紹介する。

PAGE TOP