[ビッグデータが変える課金システムの姿]

【第3回】ビッグデータから利益を生み出すためのチャレンジ

2015年8月28日(金)Andrew Tan(独Enterest CEO)

第1回と第2回では、これからの課金システムを考えるために、導入が先行しているテレコム業界の課金システムの発展経緯と課題を紹介してきました。将来に向けて、あらゆる課題に効き目がある解決策を打ち出すことは、なかなかできません。今回からは、課金システムにおけるビッグデータの課題と、チャレンジについて考えていきます。

 最近、通信サービス事業者(CSP:Communication Service Provider)やテレコム分野の技術ベンダーと話をすると、「ビッグデータ」というキーワードが必ず出てきます。ビッグデータは今や、どこのカンファレンスでも重要なテーマになっています。誰もが「ビッグデータで何をするのか?」「どんな計画があるか?」などに興味を持っているようです。

 筆者のこれまでの専門家としての経験でも、このような全く新しい可能性を目にするのは初めてのことです。周囲がこんなに盛り上がっていることもありませんでした。データ量が絶えず増加しており、さらに増加していくことは、誰も疑ってはいません。

 しかし、ビッグデータが必要であるとは誰もが感じてはいるものの、ビッグデータの存在は漠然としており、手がかりがありません。何に関するデータがどう広がり、何が起ころうとしているかまでを詳しく分かっている人はほとんどいないのです。そのため企業側も、どうすればビッグデータから利益を生み出せるのかという課題に戸惑っているのです。

ビッグデータを無視すれば市場では負け組に

 「ビッグデータ」という言葉は、一部の人々が“普通のデータ量”と“膨大なデータ量”を区別するために作り出したものです。この記事では「ビッグデータ」が意味するところを次のように定義することにします。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】ユーザーはあらゆる情報をネットワーク上に残す
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
ビッグデータが変える課金システムの姿一覧へ
関連記事

【第3回】ビッグデータから利益を生み出すためのチャレンジ第1回と第2回では、これからの課金システムを考えるために、導入が先行しているテレコム業界の課金システムの発展経緯と課題を紹介してきました。将来に向けて、あらゆる課題に効き目がある解決策を打ち出すことは、なかなかできません。今回からは、課金システムにおけるビッグデータの課題と、チャレンジについて考えていきます。

PAGE TOP