[新製品・サービス]

LINE、企業向けにAI機能持つLINE公式アカウントを提供

2015年8月10日(月)IT Leaders編集部

SNS(Social Networking Service)を手がけるLINEは2015年8月7日、同社の企業向けにAI(Artificial Intelligence:人工知能)型のLINE公式アカウントを提供すると発表した。日本マイクロソフトと連携し、企業向けAPI(Application Programming Interface)サービス「LINE ビジネスコネクト」に日本マイクロソフトが開発・提供するAI「りんな」を組み合わせる。

 企業向けの新しいLINE公式アカウントは、CRM(Customer Relationship Management:顧客関係管理)マーケティングツールとして提供するもの。日本マイクロソフトのAI(Artificial Intelligence:人工知能)「りんな」の会話エンジン技術を活用したサービス「りんなAPI for Business」を企業のLINE公式アカウントに実装することで導入できる。

 利用企業は、LINE公式アカウントで、個々の利用者との会話内容を基に「お薦め商品」などの情報を提供したり、様々な問い合わせに対応しオペレーターの人的コストを削減したりなどが可能になる。企業での導入検討の参考例として、日本マイクロソフトのLINE公式アカウント「りんな」(LINE ID:@ms_rinna)を公開した。

 LINE公式アカウントは、消費者への到達率や即時性の高いマーケティングツールとして企業を対象に提供されている。LINE ビジネスコネクトは、LINE公式アカウントの各種機能をAPIで提供する。各企業がカスタマイズでき、従来のLINE利用者への一方通行のメッセージ配信以外に、特定の利用者に対して最適化されたメッセージを配信したり、双方向コミュニケーションを提供したりすることができる。

 りんなAPI for Businessは、「LINE ビジネスコネクト パートナープログラム」認定の公式パートナーであるデジタル・アドバタイジング・コンソーシアムやトランスコスモスを通じて提供する。

関連記事

LINE、企業向けにAI機能持つLINE公式アカウントを提供SNS(Social Networking Service)を手がけるLINEは2015年8月7日、同社の企業向けにAI(Artificial Intelligence:人工知能)型のLINE公式アカウントを提供すると発表した。日本マイクロソフトと連携し、企業向けAPI(Application Programming Interface)サービス「LINE ビジネスコネクト」に日本マイクロソフトが開発・提供するAI「りんな」を組み合わせる。

PAGE TOP