[新製品・サービス]

情報技術開発、デジタルサイネージ用コンテンツを管理するクラウドサービスを提供

2015年8月18日(火)IT Leaders編集部

ITサービス事業者の情報技術開発(tdi)は2015年8月17日、店舗などに設置したデジタルサイネージに表示する販促用のコンテンツを管理するためのクラウドサービス「DAiS Signage」を開始したと発表した。販売状況などに応じたコンテンツを即時に配信する。

 DAiS Signageは、動画や静止画、テロップといった販促用コンテンツをデジタルサイネージに配信するためのクラウドサービス。店舗別や時間別に情報を配信するほか、状況に合わせた販促コンテンツを適宜配信できる。

 複数店舗への一斉配信にも対応する。大容量のコンテンツをスムーズに配信できるよう、専用のCDN(Contents Delivery Network)を用意した。100台以上の端末へ一斉に配信できる。

 サイネージ環境を容易に構築できるよう、通信機付きのセットトップボックスとディスプレイを組み合わせたり、ディスプレイ代わりにタブレットを利用したりできる。サイネージ専用の通信環境を敷設しなくてもよい。

 配信できるコンテンツの容量は、1端末/1カ月当たり3GBまで。1配信当たりの通信容量に制限はない。

 DAiS Signageの利用料金は、要問い合わせ。

関連記事

情報技術開発、デジタルサイネージ用コンテンツを管理するクラウドサービスを提供ITサービス事業者の情報技術開発(tdi)は2015年8月17日、店舗などに設置したデジタルサイネージに表示する販促用のコンテンツを管理するためのクラウドサービス「DAiS Signage」を開始したと発表した。販売状況などに応じたコンテンツを即時に配信する。

PAGE TOP