[データ分析が導く製造業の変革]

【第5回】データ分析が導く自動化から業務改革、そしてサービス化へ

2015年9月8日(火)本橋智光 山﨑知美

これまで、製造業のデータ分析を「精度追求型」と「速度重視型」の2タイプに分けて説明してきた。これらのデータ分析によって、製造業のビジネスは大きく変わっていくだろう。今回は、製造業のデータ分析が浸透していくことで、ビジネスがどのように変化するのかを説明する。

 データ分析の活用による製造業の具体的な変化は大きく、(1)製造プロセスの自動化、(2)業務プロセス間連携による業務変革、(3)製造業のサービス業化の順に進展していくだろう。以下では、それぞれの段階において具体的にどう変化するかについて説明する。

(1)製造プロセスの自動化
=人による制御をデータ分析モデルで代替

 データ分析による製造プロセスの自動化とは、人が確認し、考え、制御していたことを、データ分析モデルで代替することである。これまで人間が蓄積していたノウハウを、システムの中に蓄積していくことになる。

 データ分析技術は進化を続けており、人間にしかできないと考えてきたことが、データ分析によって実現できることが分かってきた。例えば、チェスやクイズ大会などで、人工知能が人間のチャンピオンに勝利している。製造プロセスにおいても、人工知能が人間の代わりを務められる範囲が徐々に広がると予想されている。

 製造プロセスにデータ分析モデルを採り入れることには、人間と比較して、デジタルだからこその種々の利点がある。1つは、コピーが可能なこと。多くの拠点で同品質の製造プロセスが容易に実現できる。人のように退職することもない。技術伝承の問題がなく、継続的に製造プロセスを改善できる。そして、人が扱え切れない膨大な量のデータを高速に処理できるため、より高度な製造プロセス制御を実現できる可能性が高い。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】業務プロセスを連携し業務全体の最適化を図る
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
データ分析が導く製造業の変革一覧へ
関連記事

Special

-PR-

【第5回】データ分析が導く自動化から業務改革、そしてサービス化へこれまで、製造業のデータ分析を「精度追求型」と「速度重視型」の2タイプに分けて説明してきた。これらのデータ分析によって、製造業のビジネスは大きく変わっていくだろう。今回は、製造業のデータ分析が浸透していくことで、ビジネスがどのように変化するのかを説明する。

PAGE TOP