[ビッグデータが変える課金システムの姿]

【第4回】ソーシャルメディアが対顧客システムに変更を迫る

2015年9月25日(金)Andrew Tan(独Enterest CEO)

テレコム業界で導入が先行する課金システムですが、他業界でもサービス化が進む中で課金システムの重要性が増しています。前回は、課金システムにおけるビッグデータの課題とチャレンジについて考えました。今回は、急速に広がったソーシャルメディアが課金システムに与える影響を考えます。

 筆者は先頃、長年の友人と会話する機会がありました。話題は「この20年でテレコミュニケーションがどれだけ変化を遂げたか」です。その会話の中で、かつて私の両親が、海外留学をしていた姉にかけた国際電話の請求書をみてショックを受けていたのを思い出しました。それからは電話料金を気にして、両親と姉との会話は、短くて要点のみの連絡になっていました。

 また当時、我が家には電話が1台しかありませんでした。誰かが電話を使っていると、それ以外の家族は、外の世界との唯一のコミュニケーション手段を遮断されたような気持ちになったものです。特に父は、まるで孤島に閉じ込められ、飲み水の最後の一口を持っていかれたような顔をするのでした。だから私は、いつも公衆電話を使っていたのです!

 当時と比べ、互いに情報をやり取りする方法は、本当に変わりました。今やコミュニケーションの方法は、至るところに存在しています。最後に手紙やハガキを書いたのは、いつでしょうか?未来は、私たちが考えているよりも早くやってきたのです。

 ビジネス分野でも、スマートフォンを使って世界中とビデオ通話をすることは、もう当たり前です。一方、我が家では、玄関ベルを配達員が鳴らすと、その模様を収めた画像が私に送られてきます。私が、どこにいたとしても、そのライブ音声・映像を通じて、その配達員と話をしたり、お隣に荷物を預けておくように頼んだりすることができるのです。素晴らしいことです。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】ソーシャルメディアは顧客に関する膨大な情報源
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
ビッグデータが変える課金システムの姿一覧へ
関連記事

【第4回】ソーシャルメディアが対顧客システムに変更を迫るテレコム業界で導入が先行する課金システムですが、他業界でもサービス化が進む中で課金システムの重要性が増しています。前回は、課金システムにおけるビッグデータの課題とチャレンジについて考えました。今回は、急速に広がったソーシャルメディアが課金システムに与える影響を考えます。

PAGE TOP